【気になる?】若者の雇用の実態を厚生省が調査してくれてるってよ!

若者

若者の雇用の実態、友達にしか聞いていないけど、一般的にみんなはどう考えているのだろう。気になったことありませんか?

厚生労働省が毎年出している、若年者雇用実態調査が9月25日に発表されていました。

見てみると、ムムっ!!と思うことが出ていて、結構面白かったので、ご紹介。

食えるだけの仕事で良いんですか。

何故働いているのか?(複数回答3つまで)のアンケートにおいて、下記の結果がありました。

最も多いのは、主たる稼ぎ手として生活を維持するため49.3% 主たる稼ぎ手ではないが生活を維持するためには不可欠であるため33.0% 自分の学費や娯楽費を稼ぐため39.0%となっている。

自己実現の為は21.8%、生きがい、社会参加の為は18.4%にとどまった。 また、将来の為の技能・技能習得は18.4%となっていました。

この結果からみて分かるとおり、目先のことを考えて生きている人ほぼ半分と多いんですね。なんか、尖った生き方をしていて、目先のことしか考えていない人なら良いけど、そうじゃないサラリーマンの人たちは、未来のことを考えて働いている人や、長期的視点に立って働いている人って、本当に少ないんですねー。

ぶっちゃけ、同年代ってどれくらいお金もらっているの?

これも聞くに聞けない質問ですね!軽い気持ちで聞いて、友達のほうが、年収高いとかなったら、もう絶対的なヒエラルキーみたいなものが出来上がってしまいそうな気がして(もちろん、年収が全てではないですからね!)

正社員では「20万円~25 万円未満」が33.1%と最も高く、正社員以外の労働者では「10 万円~15 万円未満」が28.8%と最も高くなっている。

参考:http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/4-21c-jyakunenkoyou-h25_06.pdf

残業代含んでいるそうですが、諸手当等を抜いたら、30万以上が意外に少ない。

また、派遣比率がどんどん高まっていることを考えると、これから先、どんどん収入というのは下がっていきそうですよね。

独立したい人は本当に少ない。

現在の会社から定年前に転職したいと思っている若年正社員について、転職しようと思う理由(複数回答)をみると、「賃金の条件がよい会社にかわりたい」が44.6%、「労働時間・休日・休暇の条件がよい会社にかわりたい」40.6%と高くなっている。

参考:http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/4-21c-jyakunenkoyou-h25_08.pdf

一方で、独立して事業を始めたいと思っている人は、14.6%に留まった。ちなみに、これ複数回答可能な数値でこれですからね。複数回答として、オプションとして持っている人って言うのも意外に少ないんですね。

また、正社員以外の在学していない若年労働者の今後の働き方の希望をみると、「正社員として働きたい」が47.3%、「正社員以外の労働者として働きたい」が28.7%、「独立して事業を始めたい」が1.6%となっていました。

依存ではなく、活用へ。

諸制度をいろいろ使うのはいいことだが、それがなくなって生きていけなくなってしまっては困ると思う。依存こそ、最もリスクの高いこと。今の世の中はバブル経済、高度経済成長のように、何をしなくても成長していく時代ではないので、依存ではなく、自立して立ち向かっていくことが必要なのかもしれないです。

是非、今の環境を依存ではなく、活用できる環境として、考えていければなと思います。僕も学ぼうと思いました。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする