外国人労働者と派遣労働者の増加により見えてくる(1+1)/2=0.5とは?


「ねぇ、ボブ。大きくなったら何になりたい?」

「僕はね。大きくなったら派遣社員になって、派遣切りされない大人になりたいんだ!」

(この子ってば、やけに現実的だな。)

father-son

このような、冗談のようなことが、実際に起こり得る世の中になるのが、最近の世の中です。

ゆとり世代はゆとりを求めている?
今の20代はロストジェネレーションと呼ばれていることをご存知ですか? ロストジェネレーション;就職氷河期時代 ・バブ...

上記の記事でも紹介しましたが、昨今の日本は、平均賃金の低下や欧州債務危機などの影響により、より一層苦しい生活を約束されているといっても過言ではありません。

この平均賃金が下がるのに物価が上昇していくことで、苦しい生活になっていきます。

そのレポートによると、首都圏で且つオフィス系の職種の契約社員スタッフの時給が伸びているそうです。

確かに、以前から新聞などには契約社員にも厚生年金や保険をつけるといった支援をするという見出しも見え隠れしている。

本日は、この先に何があるのかというのを見て見ましょう!

式の意味は、最後にお伝えします。皆様に関係のある重要な内容ですね。

スポンサーリンク

将来の就業体系はどうなってしまうのだろう?

先ほどの記事では、契約社員の時給が上がったということで、契約社員に対する需要は年々伸びていることがわかります。では、今後の就業体系はどのようになっていくのでしょうか?

終身雇用の需要(正社員の需要)の落ち込みは?

一方で、終身雇用の需要は年々落ちていると言われています。これは下記のもの記事を見れば終わりいただけるとおもいます。

非正社員は、1994年には981.4万人であったが2003年には1636.8万人と着実に増加しており、比率でいっても 22.8%から 34.6%に増大している。

そして、労働力調査によれば男女ともにすべての年齢階級において 1995 年以降に非正規雇用者の割合が高まっている。

http://www.ec.kagawa-u.ac.jp/~tetsuta/jeps/no6/Fujii.pdf

人口の減少は内需を冷え込ませる?

また、人口は縮小していくので、内需も落ち込んでくることでしょう。

つまり、単純なモデルで考えてみると・・・(ここでは政府が何も介入しないことを前提)

人口減少→内需の落ち込み→企業の売上の減少傾向→社員に給料を払えず→採用を減らすorリストラ→契約社員が増える?企業縮小?

といったことがイメージ出来るかと思います。(あくまで筆者の考察です)

勿論、政府が何も介入しないと言う事は無いと思いますし、企業も外国へと外に外に出て行く風潮が強いので、こんな単純にはいかないと思います。

契約社員が増えるとどうなるか?

そもそも契約社員って何?

契約社員というのは、雇用主の今までの問題点をカバーした存在であると言えます。

契約社員には雇用主が負担しなければいけない保険料が無く、すぐに退職を命じることが出来るため、流動性が保てます。

それだけでなく、給与のベースアップも無いので、企業にとってはプラスです。

契約社員が増えることによって、どんどん雇用の流動性が高くなり、賃金も減少傾向に行くだろうと思います。

まとめると下記のような感じ

正社員 契約社員(派遣社員)
賃金 年功序列で上がる 年功序列で上がらない
保険等 企業が負担する 負担しなくても良い条件がある
中途解雇 原則不可 有期契約により可能

契約社員は善なのか、悪なのか?

この話は是非が判断しにくい難しい部分ですよね。

企業が成長しなければ、雇用の器は小さくなっていく。

そして、企業が成長するには、今の人達に痛みを与えなければいけない。だから、契約社員にして、雇用に流動性をもたせておくことで、不景気時に利益を確保しやすくなります。

そのあとに、また景気が良くなったら、正社員を増やせばいいのかもしれませんが、日本は終身雇用性ですから、大企業に中途で入るのは非常に難しいので、割を食うのは、不景気な時に大学4年性の就活生・・・。

どちらが良いのか、本当に判断が難しい所だと思います。

TPPやグローバル化の影響は?

また、TPPが入ることで、安い海外労働者がどんどん日本に押し寄せてくるなんて噂もあります。

全く先が読めませんよね。外国人労働者は非常に安価ですので、いまではどこかしこにもバイトの外国人労働者がいます。

天やにいたのは驚きました。

大体こういうこと書くと「テロでも起こせ」「ストライキしろ」って言うことを言われますが、日本の気質にもあってませんですからね・・・。

外国人労働者問題は政府に任せるべき?

政府に任せるなんてのも、個人的には期待できないかなと・・・。

ここまで首相が代わる国も珍しいものです。海外の大統領の名前等は覚えることが出来るのに、日本の首相だけは、本当に覚えられないです。

お家騒動ではないですが、非常に頼り辛い状況です。任せるのではなく、自分から何かしないと。

まとめ:(1+1)÷2=0.5とは?

これは、平均賃金の話です。

こう置き換えて下さい。

( 日本の労働者+海外の労働者)÷2=0.5倍の平均賃金。

大分大袈裟に言ってますが、こういう話を冗談と取れない時代であることも事実ですよね。

怖い話です。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする