映画「ウォール街」のゴードン・ゲッコーから学ぶ3つの仕事の極意とは?

ウォール街という映画をご存知ですか?原題は、Wall Streetですね。

若き証券セールスマン、バド・フォックス(チャーリー・シーン)は、貧乏人から巨万の富を築いた成功者ゴードン・ゲッコー(マイケル・ダグラス)をいつか追い抜こうという野望に燃えていた。

ニューヨーク・ウォール街を舞台に一獲千金を狙う男たちの世界を描く。製作はエドワード・R・プレスマン、監督は「プラトーン」のオリヴァー・ストーン、脚本はストーンとスタンリー・ワイザー、撮影はロバート・リチャードソン、音楽はスチュワート・コープランドが担当。出演はチャーリー・シーン、マイケル・ダグラス、マーティー・シーン、ダリル・ハンナほか。専門用語監修は寺沢芳男(野村証券取締役副社長)。

引用:goo映画

Wall Street

上の写真の左がウォール街の時のゴードン・ゲッコー。右が次作のウォールストリートでのゴードン・ゲッコーです。

両作とも演じているのはマイケル・ダグラス。かっこいいですね。

オリバーストーン監督は、社会派、現状に対して批判的な視点の映画を撮ることで有名で、ウォール街はそれまで、題材にされなかった金融街で働く証券マンのお話。

非常に調べ上げられており、映画はフィクションですが、嘘のような、本当のような作品を作る方でも有名な監督です。

ゴードン・ゲッコーの服装は当時流行ったそうで、サスペンダー姿のサラリーマンが増加したとか、しないとかという、面白い逸話が満載のこの映画。

今回は、そんなウォール街から学ぶ、仕事の極意をまとめました。

スポンサーリンク

ゴードン・ゲッコーから学ぶ、3つの仕事の極意

夜明け前に海に行き、美しい日の出を見て目を覚ませ

以前紹介した、最強マフィアの仕事術に書いてあるのと似ていますが、

証券マンも同じですね。

ハードに働く。それこそが、金持ちになる最短の道だと。

しかし、ゴードン・ゲッコーは、

映画の中では終始、頑張るだけでは意味がないと言っています。

では、何が必要なのかというと、頭を使うことだそうです。

情報こそが武器

投資家にとって、情報こそが最大の武器という考え方をしています。

すべては情報を集めること。有利な情報を持てば持つほど強くなる。

私の知らない情報を持って来い。私をびっくりさせてみろ

ファンドマネジャーたちがどうしてS&P500に勝てないかだって?

やつらは臆病な羊で、羊ってのは、皆つぶされることになってるからさ。

なぜ、マイケルダグラスが演じる、ゴードンゲッコーは勝ち続けることができるのでしょうか?

映画の中で、彼はこう言ってます。

戦う前から既に勝つと決まっている投資しかしない

投資の中で既に勝ちが決まっている投資とは・・・。

内部の者しか知りえない情報を使った取引のこと。

つまり、彼が投資をするのは、すべてインサイダー情報のこと。

先ほどの情報戦で頭を使うというのは、こういうことだったんですね。

もちろん、普通にインサイダー情報に投資をしたら、逮捕されるわけなんですが、彼はそこも頭を使ってくぐり抜けるわけなんです。

Greed is Good

「欲は善です。お金に対する欲、愛情に対する欲、出世の欲。欲が人間を発展させ、企業を発展させ、国家を発展させます。」

欲こそ、人が進化する上で必要なものだと強い口調で説明するのが、

株主総会で筆頭株主として、経営者を追い出すことをスピーチするときに言った言葉です。

この考えが、ゲッコーの前提にある。

欲を持て、欲を持ち目指す。それが成功するのに必要であると。

ここまで、読むとゲッコーはお金のことしか考えていない印象を受けると思われますが、そのとおりです。

そのゲッコーの考え方が変化するのが、

自作のウォール・ストリートというのはここだけの話です。

金だけがすべてではない、主人公の親父さんの言葉

最後に、主人公バド・フォックス(チャーリーシーン)の親父さんの言葉を

紹介して締めたいと思います。

「お前は財布の大きさで人を決めるのか!」

「おれは娼婦とは寝ない、だからお前らとは違う」

親父さんの器、大きいですね。

ぜひ、まだ見たことがない方は、ウォール街という作品をご覧いただきましたら幸いです。

Amazon Primeビデオからも視聴可能?

ウォール街や続編のWall StreetはAmazon Primeビデオからも視聴可能です。

Amazon Primeは年額4000円弱で動画を見放題になります。詳細は下記からご覧ください。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする