書評「夜と霧」最悪な状況で見出した人生の価値とは?

人は極限の状態に追い込まれた時に、その状況からどう抜ければ良いのでしょうか?

様々な本で「夜と霧」は取り上げられています。ナチスの強制収容所に入れられ心理学者の方が書いたこの本は、凄惨な現場を見ながらの人の心のあり方を描かれている本です。

ちなみに、原題訳は「強制収容所における一心理学者の体験」となっております。

スポンサーリンク

夜と霧がオススメな方って?

夜と霧を読んだ方が良い方は下記の通りです

  • 困難に直面した際の切り抜け方を知りたい人
  • 強制収容所がどういうところだったのかを知りたい人
  • 誰にも奪えない人生の意味を知りたい人

英語版だけでも900万部近く売られている大ヒットの小説です。

ナチスの強制収容所の凄惨たる現場とは?

夜と霧は、心理学者の作者自体が強制収容所で体験したことが描かれています。

強制収容所は、枕がないから、自分の腕で枕を作らないといけない。そして、基本的に肉体労働が労働などの重労働がメインである、食事も満足に与えられず、ボロ布切れ一枚で生活をさせられる。良い靴は取られてしまう。ガス室送りの恐怖や、収容所たちの人間関係は劣悪であある。

そのような劣悪な状態の中でも様々な人間がいることをフランクルは着目します。

ショック→感情を喪失する?

人はショックを受けそれに慣れた後に、感情が喪失するそうです。

例えば、監視官が、被収容者を殴ったりする。助けなきゃとか思うしが、後半は何も思わなくなるのだそうです。このように感情が消滅していきます。これを感情の消滅(アパシー)と言うそうです。

フランクルはこの感情の消滅を「なくてはならない盾」と説明します

感情の消滅や鈍磨、内面の冷淡さと無関心。これら、被収容者の心理的反応の第二段階の特徴は、ほどなく毎日毎時殴られることにたいしても、なにも感じなくさせた。この不感無感は、被収容者の心をとっさに囲う、なくてはならない盾なのだ。

どういう人が生き残れるのか – 希望か体力か?

それでは、ずっと生き残っている人はどういう人なのでしょうか?希望がある人なのでしょうか?それとも体力に自信のある人なのでしょうか?

生死を分けたのは希望?

生死を分けたのは未来への希望だそうです。

つまり、未来があると信じている人や、待っている時間があると辛抱強く耐えられた人が、生き残ることが出来ました。これは生きる希望がその人を生かしたということになるのでしょう。

体力よりも希望?

実際に体力がある人が生き残ったというわけではないそうです。繊細な性質の人間の方が、頑丈な身体の人々よりも、収容所生活をよりよく耐え得た例もあるそうです。

つまり、体力よりもメンタル的なものの方が過酷な状況に耐えるためには必要なのでしょう。

与えられた自体に対してどういう態度をとるかは、誰にも奪えない、人間の最後の自由である

夜と霧の著者も、ここを出たら、ここの話をしたいと思っているから、現在が過去になる。エピソード作りにすることができている。だから生き残ることが出来たのです。

困難な状況を切り抜けるには?

自分がとても困難だなと思った状況から切り抜けるにはどうすれば良いのでしょうか?

困難な状況を切り抜けるには、未来を考えることです。

良い人生を期待せず人生に求められることを考える?

人生の意味は何だろうとか考えることが大切であり、たどり着いたところは、「人生が私に何を求めているのか?」ということです。

人生に期待せずに、人生に求められることを捉え、今を過去にして突破することが大切である。1日は1週間より長いという言葉が印章的でした。

良い人生を期待してはいけない?

良い人生を期待すると生存率が落ちて亡くなる可能性が高いそうです。

良い人生を期待する人は、「長生きできるのか?」「生き残ることが出来るかな?」と考えます。

そうなると、生き延びられないと無意味と感じてしまうからこそ、良い人生にしないといけないと思い、実際には良い人生にならないので絶望して死んでいくのだそうです。

現代に置き換えるのならば、良い人生を期待してはいけないということです。

人生に求められることって何?

では、結局のところ人生に求められることとはなんでしょうか?

人生に求められることというのは運命です。人生に求められることを考える人は、「何のために生まれてきたのか?」「なぜ自分はこんな苦しみを得ているのだろうか?」と考えます

こういったことを問いかけていくうちに、苦難も死も人生であり生きることの一部なのだろう。と今起こっている日々のことに感謝が生まれるます。つまり、運命に対して感謝することが出来るのです。

この運命に感謝することが出来れば、生存率を上げることが出来ると言います。

現代に置き換えると、成功でも全然ない状態にどういう意味があるのかを考えて、その意味づけをし、日々の出来事に感謝するということです。

人生の3つの価値とは?

人生においては3つの価値があると著者は言っています。

創造価値 – 価値を創造すること?

人生の意味の1つ目は、価値を想像することです。仕事や様々な役割における活動によって実現される価値のことを言います。

どんな仕事をしていても、誰かの役に立っています。それこそが価値を創造することが出来るのです。

体験価値 – 価値を体験すること?

人生の意味の2つ目は、価値を体験することです。

貴重な体験でも良いですし、自然を味わっても良いです。自分が今まで味わったことのない感動などを味わうことで価値を体験することが出来るのです

態度価値 – 決して奪われない自由とは?

人生の意味の3つ目は、自分がどう言う態度を取るかを決めることが出来ることです。

自分に与えられた状況や運命に対してどういう態度を取るのかを決めることです。

強制収容所収容所にいた時にもたくさんのことがおきます。そして、事実上、創造価値と体験価値は奪われています。

それでも、出来事に対してどんな態度を取るのか、状況においてどう言う態度を取るのかを選択できるのは100%自分です。

出来事Aがあった時に、Bと感じるのか、Cと感じるのかを選択するのは自分である。その出来事と感じることの間に自由がある。

その自由こそが誰に奪うことが出来ない自由である。これも人生の価値であると述べています。

つまり、心が自由である。つまり態度が自由であると言うことなのです。

今回オススメした本は下記になります。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする