【プチ革命】圧倒的に自分が変化する、5つのStep。30分の過し方。

スポーツや仕事に取り組んでいる人で、このように思ったことはございませんか?

「もっと上手くなれば良いのになぁ」

「上手にスケジュール管理が出来れば良いのになぁ」

現状に満足せず、もっともっとスキルアップを目指すのはとても良いことだと思います。

しかしながら、中々そのステップを踏み出すことが出来ずにいる。思うことは簡単だけれども、実際に行動に移すことって難しいですよね。

そう思っているあなたに朗報です。

1日30分から出来る。圧倒的に変化する方法があるらしいです。

スポンサーリンク

1日30分の使い方を見直しましょう。

こちらの米 Life Hackのページで紹介されていましたが、

Find out how half an hour a day can increase your intelligence in 5 easy steps.

1日30分。自分の伸ばしたい能力のために、時間を費やして見て下さい。

この方法、Googleでも行われている20%ルールの個人版のようですね。

参考;Google20%ルール

Googleの20%ルールは、社内で過す20%の時間を自分が開発したいもの、取り組みたいことを行うことです。

そうすることによって、イノベーションが中々起こりにくい、ジレンマを回避するそうです。

それではこの1日30分活用して、自分を変化させる方法をご紹介

興味のあること・伸ばしたいことを選択する

自分の興味のあること、伸ばしたいことを選び、実際にどのようなことを行うかも考えます。

30分をスケジュール帳に組み込む

スケジュール帳に書き込むことで、その時間は絶対に空けるということを意識します。
そうすると、その時間を優先的に自分の伸ばしたい能力に費やすことが出来るのです。

数ヶ月経った後で、やる前とやった後の差を比較する

これは達成感を得るために必要なStepです。

過去のデータと現状のデータの差を理解することで、行ったことが本当に意味のあるものか測定します。

例えば、絵を描くことが上手くなりたいのならば、3ヶ月前の絵と、今書いた絵のどちらが上手いのか比較すると良いと思います。

そうすることで、もっと頑張ろうという意識が芽生え、続けることが苦にならなくなるのです。

単純にやり続ける。軌道に乗るまで癖になるまで続ける。

やはり習慣になるまでは、辛いと思います。大体人の習慣は28日で身に付けることが出来ると聴きますので、癖になるまでは意識して続けてください。

一朝一夕で結果は出ないので、諦めない

「こんなことやって意味があるのかな?」という疑問は絶えずついて回るかと思います。

そんなときこそ、諦めないで下さい。

今、活躍しているスポーツ選手たちも、一朝一夕であのような世界クラスの人になれた訳ではありません。

挫折しないこと、それが上手くなるための一番の近道なので。

「うわ、挫折しそうだなぁ・・・」って思ったときは「ってことは、今、一番伸びているときじゃないか!もう少しの辛抱だ!」と自分に言い聞かせるのも良いと思います。

こんなの分かっているよ。と、思う方も沢山いらっしゃるかと思いますが、実際には意外と出来ていないのかなと思います。

特に、忘れてはいけないのは、スケジュール帳に書くということ。

スケジュール帳に組み込めば、否が応でも時間が空くようになります。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする