【問題解決その②】問題解決スキルを身につけて目標達成を30倍楽にする?

問題解決と目標達成って関連性が無いように聞こえませんか?

実際には関連性は大アリです。

問題解決を学ぶことにより、目標達成が約30倍は楽になるのです。

ちなみに、前回の記事は下記になります。

問題解決スキルを身につければ成長率は3091%アップ! 問題解決 その①

Achieve

スポンサーリンク

問題解決と目標達成の関連性が書いてある本がある

問題を発見して、原因を特定し、打ち手を考えるプロセスは、全くと言っていいほど同じものだったのです。

先日読んだ、世界一やさしい問題解決の授業という本を読んだ中で、関連性があると書いてありました

ちなみに、実物はこちら

目標を達成することと問題解決は似ている

ご存知の方も多いと思われますが、問題解決のプロセスと目標達成のプロセスをおさらいしてみましょう。

問題解決のプロセスって?

考えられる原因を洗い出す

→原因の仮説を考える

→アイデアを洗い出し

→打ち手を考える

→仮説チェック

目標を達成するプロセスって?

この本に書いてある、目標を達成するプロセスは、

目標を具体的に書く

→現状と目標の差異を明確にする

→ギャップを埋めるためのアイデアを洗い出す

→打ち手を考える

→仮説チェック

このプロセスを文字にされるとわかりにくいかも知れませんが、同じことを言っています。一度、やられてみると良いかとも思います。

目標を紙に書くとさらに目標達成率は上がる?

目標を具体的に書くことによって、目標達成率は上がると言われています。それは何故でしょうか?

答えは、「文字にするから」です。

文字にすることにより、目標を具体的にすることができます。

更に、目標が具体的になることで、現状とのギャップがより具体的にすることが出来るわけです。そうすることで、具体的な打ち手も見つかります。

問題解決のスキルを使い目標達成に活かすには?

上記の話も踏まえて問題解決の授業と総合すると下記のステップになります。

  • 目標を具体的に書く
  • その行動目標を毎日10個書く
  • 行動目標を実行し始める
  • 自ずと自分の目指す方向に意識が向いていくので、行動していない自分が嫌になる
  • 行動がより起こるようになる。

問題解決を踏まえて行動すると、このように行動することが出来るので、より目標達成に向かうことができるのです。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする