バレンタインデーで起こる2つの詐欺。

「こういうのを待ってたって方、結構多くないですか?」

 2月14日は何の日でしょうか?

大部分の方はお察しの通り・・・

そうです。僕みたいな冴えない男が苦しみ悶え狂う、あの悪魔のような日がやってきました。

そう。ご存知、バレンタインデーです。

記事の内容に行く前に、・・・

いつもは、かっちりとした記事を書いておりますが、今回は少しネタ調に書いてみたいと思います。

記事の前に、そもそもバレンタインデーの始まりをご存知でしょうか?

Sweethearts

スポンサーリンク

バレンタインデーのそもそもの起源とは?

ちょっと調べて見ました。

西暦269年のこの日、兵士の自由結婚禁止政策に反対したバレンタイン司教が、時のローマ皇帝の迫害により処刑された。それから、この日がバレンタイン司教の記念日としてキリスト教の行事に加えられ、恋人たちの愛の誓いの日になった。

ほうほう・・・

元々は、血で血を争う日であったのが、ひょんなことから「愛を誓って殉職した」と捉えられるようになり、そこにロマンスが生まれたということですね。

チョコレートを贈るのは日本だけ?

ヨーロッパでは、この日を「愛の日」として花やケーキ、カード等を贈る風習がある。

人から手紙を頂くと嬉しいですよね。そういう小さなサプライズ。非常に大好きです。

女性が男性にチョコレートを贈る習慣は日本独自のもので、1958(昭和33)年にメリーチョコレートカムパニーが行った新宿・伊勢丹でのチョコレートセールが始りである。1年目は3日間で3枚、170円しか売れなかったが、現在ではチョコレートの年間消費量の4分の1がこの日に消費されると言われるほどの国民的行事となった。

これは、皆様よく知っている。日本だけチョコレートという事実ですね。

バレンタインデーに横行する2つの詐欺とは?

この詐欺、私の見立ててでは大きく2つに分かれると思います。

悪意のある詐欺と悪意のない詐欺です。

悪意の無い詐欺とは?勘違いをさせること?

これは、「勘違い」から生まれる詐欺ですね。

相手は意図していなかったのに、騙している状態です。

こういう経験ありませんでしたか?

「あれ?こいつ俺にチョコくれるってことは、気があるんじゃね?」

はい、残念。それは義理だった!寧ろ、貰ったのは本命に挙げるのに、

「一人にあげると恥ずかしいから君にも・・・」という淡い乙女心が生み出した奇跡だった訳なんですが。その奇跡を奇跡的に誤解してしまい、不慮の事故に繋がるといったケースです。

これへの対処法はほとんど無いでしょう。

強いて言えば、「自分を強く持つ」それだけです。断られてもめげないように・・・。

悪意のある詐欺は詐欺しようとしてする詐欺のこと。

とあるニュースに書いてあったのですが、

何でも、アメリカにおける出会い系での詐欺が前年比の150%も増えているそうです。

フィッシング詐欺であったり、個人情報を聞き出したりする詐欺が横行するようですので、ご用心。

ちなみに、この記事で書いてある対策方法としては

「よく調べ、安心出来るデートサイトを活用しましょう」

「時間をかけて相手を知るようにしましょう」

いや、無理だって!

バレンタインデーだから、時間をかけずに相手をよく知りたくなるでしょう!!

この記事を見られた方は、上記のアドバイスに従ってバレンタインデーを過しましょう!

まとめ:詐欺に対抗するには・・・

そんなバレンタインデーですが、

僕はもっぱら読書と、ネットと動画作成に興じようかと思います。

出会いは怖いしね・・・。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする