この経済の勉強法が凄い!実践的な経済の勉強法の3ステップとは?

先の記事でも記載しましたが、経済について詳しくなろうと思い、いろいろな経済の勉強法を試してみましたが、全て失敗に終わりました。

詳しくはこちらをご覧ください

え?全てが大嘘?正しい経済の勉強法を選択すべきたった一つの理由
世の中には様々な経済の勉強法があります。 例えば、書籍・新聞・ニュースetc... もちろん、どんな方法でも遅かれ早かれ経済を学...

色々失敗すればする程、色々なことがわかってきました。

そして、行き着いた、超実践的な経済の勉強法をご紹介いたします。

これを知っているか否かで大きく変わります。

経済に対する感じ方、今後の学習のスピードが大幅に上がると言っても過言ではありません。

それでは、ご覧ください。

study

スポンサーリンク

経済の勉強法の3ステップ

経済の勉強は複雑なので、一朝一夕で全てを理解することは出来ません。

しかしながら、この勉強法の3ステップを着実にこなしていくことで、経済に対しての苦手感をなくして、スムーズに勉強できるようになります。

また、余談ですが、この勉強法は経済に関してだけの勉強法ではなく、抽象化すれば、すべての複雑な内容の勉強に当てはめることが出来るようになります。

ぜひ、他の分野にも応用していってもらえれば幸いです。

自分に関連した本を読み、経済の知識の土台を作る

本を読むというのは、色々なところで言われていますが、最初に一般的な経済の本を読むと、自分の身近な内容ではないので、興味が湧かなかったり、実生活に落とし込めないので、理解が深まることがありません。

自分に関連した本を読むことで、興味を持って本を読み進めることが出来ますし、自分の生活に密接に関係した内容ですので、理解も深まります。

このように、自分に密接な内容で、且つ簡単でとっつきやすい部分から読んでいくことが一番のおすすめです。

オススメの本は、20代が読むべき本のトレンド部分をご覧ください

20代で読むべきおすすめ本 : 知らなきゃ損なビジネス本8選をご紹介!!
読書会に参加される方の参加理由はなんでしょうか?多くの方は、下記の理由で参加されています。 どういう本を読めば良いのかわからないので、読む...

また、上記の本を読み終わりましたら、より詳しい本も多数あります。

中には、怪しい話のような経済の話もありますので、興味がある人で、勉強会等に参加された方には、ご紹介したいなと思います。読む本の順番というのはとても大事です。難しい本や一般化された本から最初に読んでしまうと、苦手意識が芽生えてしまい、本を読む気力がなくなってしまいまう。

経済に詳しい人の話を聴き、疑問点を調べる

失敗した経済の勉強では、詳しい人の話を聞いて失敗したと書きました。

しかし、今回は、本を読んだ上で、土台が出来ていることが前提で話を聴くということです。

経済の知識の土台があることで、考えるフレーム(考え方)が出来ている状況になります。

その上で、話を聴くと、自分の考えるフレームと違うな?と思うことが沢山出てきます。そうすることで、疑問点が出てき始めるので、それについて、疑問点がなくなるまで調べることで、経済に対する知識をより深堀することが出来ます。

この勉強法は、経済に限っての話ではありません。別の分野でも自分に知識があるか否かで、詳しい人の話の聞いた時に浮かんでくる疑問点の具体性が変わってきます。

何も知らない時の疑問点の浮かび方は、漠然とした「何でだろう?」のレベルですが、ちゃんと勉強して土台が出来た上で浮かび上がる疑問点は「前に勉強した時は、こういう話だったのに、こうじゃないのかな?」というより具体的な事例を例にとって比較できるので、検索してきた時に、答えが出て来やすいです。

自分で想像して、裏付けを調べて見る

本を読み、詳しい人の話を聞いていくことで、自分の中の経済に対するフレーム(考え方)に様々なパターンが出てきます。

その状態で、ニュースを見たり、レポートを見たりすると、自分の中で「もしかして、これはこうなんじゃないかな?」とニュースの影響が想像できるようになります。

このニュースの影響に想像がついてきたことを、検索して調べたり、書籍にあたって調べていくことで、想像があたっていれば、考え方が正しいことの証明になりますし、間違っていれば、そこを直すことによって、理解が深まります。

有名なサイトですが、こういう経済レポートをまとめているサイトを見ると、興味深い内容が出てきたりします。こういうのを見ながら、想像してみることも良いと思います。

経済,日本経済,世界経済,経営,産業関連の経済レポート(経済リポート)を毎日紹介する経済レポート専門ニュース・検索ポータルサイト:経済レポート.COM

他にも、海外のサイトや、シンクタンクが出しているレポート、もちろん、政府機関が出しているレポートなんかも読んでみると、より事実が明確化すると思います。

まとめ:経済も勉強法が分かってしまえば楽勝である

どんな勉強にも言えることですが、勉強の方法が分かってしまえば、楽勝に理解出来るものです。数学も難しい偏微分方程式でさえ、算数から始め、四則計算からやっていけば、いずれ理解出来るものです。

ただ、四則計算などの前提がない中で、偏微分方程式を解こうとしても、いつまでたっても出来る日はこないでしょう。

皆さんが、四則計算を勉強した時、身近なものに置き換えて考える教科書があったと思います。それはリンゴであったり、みかんであったりしたでしょう。

経済の勉強もそれと同じで、自分にとって身近なものに落としこんでから考える。そのための本と出会えれば、あとは、本を読み、勉強していけば、いずれ複雑なことも理解できるようになります。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする