読書の効果は本当にあるのか?本を読む9つの効果とは?

ウォーレンバフェットは、1日の80%を読書に時間を割いている

ビルゲイツは、毎夜寝る前に1時間本を読んでから寝る習慣がある。

なぜ、彼らがそこまでして、本を読んでいるのでしょうか?

また、下記のようなデータもあります。ご存知でしょうか?

普通の人はほとんど本を読みません。

たとえば、20代30代のビジネスパーソンは1年間で平均3.1冊の本を読むという統計があります。1カ月に換算すると、0.26冊です。

その一方で、30代で年収3000万円の人は1カ月間で平均9.88冊も本を読むのです。なんという差でしょうか。

20代30代のビジネスパーソン平均が月0.26冊で、30代年収3000万円の人の平均が月9.88冊。その差は38倍です。劇的に違う習慣といえます。

引用: http://media.yucasee.jp/posts/index/13621

今回は、そんな読書がもたらす驚くべき効果をご紹介

読書がもたらす効果とは?

スポンサーリンク

読書の9つの効果は読書した人にしかわからない

読書の効果について話をする機会が良くありますが、効果について半信半疑な人が多いことも事実です。しかし、読書をした人は、全員読書にはメリットがあると言っています。

読書の効果というのは読書した人にしかわからないようになっています。ですので、この記事を読んだ方は「本当に?」と疑う前に、まずは本を読んでみてください。

新しい知識が身につき、人生を充実させることが出来る

読書は、単純に、自分が知らなかった新しい知識を吸収することができます。

新しい知識を吸収することについてのメリットは下記をご覧下さい。

残りの人生は何時間?人生の時間を充実させる知っておいて損はない3つの方法とは?
まだまだ20代だから若いと思っているあなた。 すでに、20代は人生の折り返しだと聞いたことありますか? 時間は無限にあって、暇つ...

ストレスを緩和し、決断力が身につく

テレグラフ紙によると、読書はストレスを緩和することに最も良いことだと言われています。

Reading worked best, reducing stress levels by 68 per cent, said cognitive neuropsychologist Dr David Lewis.

和訳

本を読むことは、ストレスを緩和することによ最も良い方法である。68%ものストレスを下げることができると、認知神経学者は言っています。

引用: http://www.telegraph.co.uk/news/health/news/5070874/Reading-can-help-reduce-stress.html

話術が磨かれ、コミュニケーション力・文章力が向上する

リーダーシップにはみんなを納得させて行動に移させることが必要なので、ストーリーを話す力が必要になる。その中で必要なものは話術。だからこそ、話術が磨かれる本は読む価値がある。

また、読書をすることで、作中の言い回しや表現方法も学ぶことができるので、適正な言い回しが出来るようになれば、コミュニケーション力も向上します。

他人を受容する力が伸び、共感力が向上する

読書をすることで、自分が知らない世界を知ることができます。

そうすることで、自分の友達や周りの人の生き方や、行動の仕方に妙に納得感が生まれてくることがあります。そうなれば、今度そういった人々と話すときに、「そうだよね」「よくわかる」といったことが自然と言えるようになるので、共感力が向上するのです。

共感力の必要性については、下記の記事も併せてお読みください。

これで完璧!ディスカッションの進め方と4つのコツとは?
著名なコンサルタントの大前研一氏 ダイレクトレスポンスマーケティングの第一人者と呼ばれている神田昌典氏 元アルゴア副大統領のスピ...

脳が活性化し、記憶力、情報処理の能力が上がる。

読書には脳トレと同じような効果もあり、脳の多くの分野を活性化させます。

文字を読むこと、イメージすること、自分に置き換えること。この過程で、脳が活性化するのだそうです。

様々なキャラクターの背景や、目的、名前など、新しい情報を覚えなければ本を楽しむことはできません。その過程が、シナプスのつながりも良くするそうです。

Amazingly enough, every new memory you create forges new synapses (brain pathways)and strengthens existing ones, which assists in short-term memory recall as well as stabilizing moods.

引用: http://www.lifehack.org/articles/lifestyle/10-benefits-reading-why-you-should-read-everyday.html

上記の理由から、情報処理の能力が格段に上がるのです。

本に書いてある個別の事例を、ただなんとなく読むのではなく、身の回りの状況に置き換えたりして、理解を深めていくことは、頭の良くなる方法であると言っている人もいました。

視野が広がり、今まで気づかなかったことに気づく

読書とは、思考のパッケージであり、著者の思考を脳みそにインストールするのと同じ意味があります。

つまり、自分が今まで考えられなかった思考パターンで物事を考え、情報を捉えられるので、今まで気づかなかったことに気づくことができるのです。

精神的な刺激を与えることで、ボケ防止になる

読書をすることで、精神的な刺激を与えることで、ボケ防止になるそうです。

読書をすると脳が活性化します。その結果、パズルやチェスを行っているのと同じ状況なります。使わなければ失われるという言葉がある通り、読書をすることは脳をずっと使っている状態にするので、力が失われるということがないのです。

成長スピードが圧倒的に早くなる

読書の効果の基盤になるもの、それは、疑似体験と、知識習得です。自分が経験しないことを、教訓とともに、学び、疑似体験することが出来ますし、新しい知識も身につけることが出来ます。

その結果、本を読まなかったら気づくのが10年後、20年後になっていたであろう事柄を、前倒しして学ぶことができるようになりますので、成長スピードが圧倒的に早くなります。

本を読むスピードが格段に向上する

読書の効果の中で、面白いものが、本を読めば読むほど、本を読むスピードが上がるということです。知識が増えれば増えるほど、本で語られている内容の理解が早まります。

この違いは、小学生が、相対性理論の本を読むことと、アインシュタインが相対性理論の本を読むことを考えたら、どちらの方が理解が早いかを考えたら分かりやすいですよね。

故に、最初は本を読むことが遅くて、諦めてしまうかもしれませんが、何十冊と頑張って本を読んでいくと、知らず知らずのうちに読書スピードが格段に向上しているのです。

まとめ:本を読むことはメリットしかない

いかがでしたでしょうか?

読書を実践する人は、本を読むことのメリットを知っています。

本は読めば読むほど、メリットを得ることができるので、皆さんも是非読んでみてください。

どういう本を読んだ方が良いか分からないという人は下記をごらんください。

20代で読むべきおすすめ本 : 知らなきゃ損なビジネス本8選をご紹介!!
読書会に参加される方の参加理由はなんでしょうか?多くの方は、下記の理由で参加されています。 どういう本を読めば良いのかわからないので、読む...

また、読書は日々繰り返し読むことで習慣化されますが、習慣化されるまでは読書会に参加されることをオススメします。読書を習慣化されたい方。まずは下記の詳細だけでもご確認ください。

20代限定東京の読書会とは?
東京の読書会では、20代限定の読書会を開催中です! このページを見ていただいた方にのみご紹介! 活発な朝...
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする