【クールジャパン、ペンギン、問題解決】読書会活動報告

読書会を開催いたしました!

沢山の方のご参加ありがとうございました!

スポンサーリンク

紹介して頂いた本

クールジャパン 外国人から見た日本

外人が買って帰るもの、ママチャリと洗浄器付き便座

ママチャリは前輪の方が小さく、乗りやすい。これは素晴らしいということで、持って帰る。

洗浄器付き便座は海外になかなか普及しないのは、ノズルが詰まるから。硬水(石灰水だから)

お尻を洗うのはホモセクシャルであるという刷り込みがある。

キリスト教圏との違い、キリスト教は自然のもの。山・月など神々しいものを崇拝するものは禁止。

山を神々しいと思ったら懺悔に値する。

西洋では泣くことは弱さの象徴。

日本人はサッカーの試合で勝って感動で泣くけれど、それはない。

勝って泣くという意味がわからない。

山一証券が泣いて社員が悪くないという話があっても、次どうするのかを考えろ。

ペンギン・ハイウェイ

主人公は小学四年生の男の子。頭のいい子。

町にペンギンたちが現れた。

小学四年生の目線で書かれているが、研究のやり方も描いてある。

森見さんの本は、バカバカしいことをやっていても、知性に飛んだやり取りがある。

世界一やさしい問題解決の授業

中学生の3人組がバンドを組む時に、お客さんをどう増やすか。

実際のコンサルティングの現場から考える。

原因を考えて、打ち手を考える。

コーチングとは信じること エディ・ジョーンズ

コーチングを学ぼう。90分のインタビューを本にした。

半分はエディさんのコーチング・マネージメント。

半分は日本人とはどういう民族なのか。

エディさんのコーチングの考え方「コーチングは90%はアート・10%はサイエンス」

機械に代替されない仕事は何かを考えながら考える。

ペップさんというコーチがいて、ヨーロッパでチェルシーと戦ったときにPK戦になった。

ペップさんはPKの蹴り方を知らない。でも世界一の名手がいるとスタッフを紹介。

スタッフは水球の金メダリスト。水球のPKの割合は多い。PKの蹴り方に通ずることが多い。

ペナルティスポットに行くまでに、どこに蹴るか決めておけ。

絶対に入ると決めておけ。全員がシュートを決めて、勝つ。

伝えたいメッセージは信じていることを伝えること。

コツは、情報を沢山提示すること。

現状分析して、君はこう動けと教える。

下位10%を底上げすることで、全体を引き上げる。

日本人に強みを聞くと、できないことを挙げてくる。

常にネガティブ思考。だから、こう解決しようと思っていると言うが、最初からマイナス思考が多い。

マイナスから入る、所詮はこの程度だという負け犬根性から直そうとした。

僕は君たちに武器を配りたい

儲かる漁師と儲からない漁師

儲かる漁師は6つのタイプに分けられる。

トレーダー(右からひだりへ)

エキスパート(専門性)

商品に付加価値をつけて高く売る(マーケター)

イノベーション(仕組みを新しく)

リーダー(リーダーとして行動する)

インベスタータイプ(投資家)

トレーダーとエキスパート自体も付加価値、商品価値が下がっている。

たった一人の熱狂

幻冬舎の社長、最初に手がけた本が、公文式・算数の秘密で30万部売れた本の編集。

三年後角川には入り、十年後の取締役になる。

月刊角川の売り上げを30倍にしている。角川の売り上げトップ10の7割は見城さんが書いた。

このままでは、自分をゼロに出来ないということで、部下5人を引き抜いて幻冬舎を作った。

自分に喝を入れたい人が読むといい。

圧倒的な努力は、何か?とか。

これからの正義の話をしよう

徴兵制と志願制はどちらの方がいいか。

リバタリアンの自由。

功利主義者、100人が幸せになるなら、一人死んでもいいという主張。

志願兵制がいいよね。制限がないから。

功利主義者も自由意志で入っているから、問題ないよねって描かれている。

それに対する反論は。志願兵制のほとんどは中所得層と低所得層。

仕方がないから、軍に入っている。それは自分の自由で入ってないよね。

経済的に縛られているか、法律で縛られているかの違いなだけ。

徴兵はみんなの責任だから、みんなで負担することも良いのではないのか?

自動車業界の今と未来がわかる本

証券から、自動産業リサーチの代表をやっている人。

新聞でもデータを提供したりしている。

日本の自動車製造額は日本の全製造品の17%

全就業人口の8.7%

だから、日本のメインになっている。

日本だけを追っていったら、衰退になっている。

日本が強みを持っているエリアは、ASEAN、日本。日経メーカーが強みを持っている。

北米・中国を攻めていかないといけない。日本自体がダメになるから。

トヨタは世界NO.1の自動車メーカー。

部品メーカーは付いて行ってない。ボッシュ・コンチネンタルなんかが、部品やっている。

部品メーカーの売り上げ、DENSO,AISINは世界No.1になる。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする