「壁」を乗り越える3つの方法

壁にぶつかったらどうしますか?

一番ぶつかる回数の多い壁ってなんでしょう?

外壁などの物理的な壁?

人種の壁?

文化の壁?

確かにそれもあるかも知れません。しかし、最もぶつかることの多い壁は・・・

「○○がしたい!でもどうして良いのか分からない・・・」

といったような、「心の壁」だと思います。

米のLife Hackのページで紹介されていた、3つの手法がありますので、それを紹介します!

1.逃げる

もし、自分が行き詰っているなと感じた場合。
あなたは開始した頃と比べて大分疲れている可能性があります。

文化的に休憩は悪だと思っている人は多いと思いますが、あえて反論します。

逃げるのは、マイナスではありません。寧ろエネルギーを蓄えるといった面ではプラスの行動です
それだけではなく、休暇をとることや、読書をすることによって、アイデアが出やすい状態にし、
時には温泉などでこころと体のリフレッシュをし、頭をすっきりさせるのも十分有効だと思います。

逃げるのは、自分自身を整えるために重要な一手です。自己管理を徹底しましょう。

もっとも逃げすぎは良くないですが・・・。

2.瞑想

行き詰っている原因の1つとして、状況や自分の取り組んでいるものごとへの捉え方が複雑になっていることがあります。

まず、すっきりさせましょう。

1つの紙を用意し、マインドマップのように書き出すのも良いでしょう。

ゴールのように、TOC制約理論の観点からボトルネックを見つけ出すことが出来るかも知れません。

また、心を落ち着かせるために座禅ではないですが・・・目を閉じて考えてみるのも良いかもしれません。
座禅は心を落ち着かせる。日本にしかない文化だと思います。是非頭を落ち着かせてみましょう。

その後再び、考えてみることで、驚くほどSimpleに考えることが出来るようになります。

スポンサーリンク

3.放棄する

「あれもしなきゃ、これもしなきゃ、もっとしなきゃ・・・。手が足らない!!」

といったことって良くありますよね?

やりたいことが沢山あり、1つのことに集中できない場合は優先順位を付けて整理することが重要です。
1つくらい出来なくても大抵の場合は、全体に影響はありません。

自分以外にも誰か出来るものがあれば、その人に任せるのも一つの方法です。

とにかく、
優先順位をつけて1つのことに集中する。

それが、心の壁を乗り越える一つの方法だと思います。

以上が3つの方法です。

みなさんにはどう感じましたか?

もっと取り組め!って言うよりは、いったん塩漬けにすることで、ものごとの捉え方を変える。そうすることで、アイデアが導き出されやすくなるといった面が強かったという印象があります。

まとめ

最後に3つのポイントをまとめます。

1.逃げる

いったん引いて考え直す。負けない戦をしましょう。

2.瞑想する

心を整え、状況を整理しましょう。

3.放棄する

1つのことに集中出来るような環境を作りましょう。環境づくりも自分の仕事ですよね。

この3つを思い出していただければと思います。

これ以外にも壁を乗り越える方?方法はあります特に、私がもっとも効果があるのは以下の2つの方法だと思います。

・アドバイスを頂く機会を設ける
・会ったことの無い人、会ったことのない本に出会う機会を設ける。

以上に関しては次回以降のブログで記述することにしようかな・・・。

◆参考◇

Stepcase Lifehack- “What to do When You’re stuck”

We all get stuck from time to time, but it doesn't mean we have to remain stuck for long. Here's what to do the next time you feel that you're getting stuck.
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする