朝活とは…?朝活の種類やメリットをまとめてみた!

最近、朝活という言葉をよく聞きますが、あなたは朝活とは何か知っていますか?

Googleの検索の指標でもあるGoogleトレンドで調べてみたところ、

「朝活」という言葉は現在進行形で右肩上がりに検索され続けています。

何故、こんなにも朝活が検索され続けるのか?そして、今も人気なのでしょうか?

私自身も、東京にて朝活を2011年から読書会・朝活を行ってきましたので、

参加者の意見を伺いながら、朝活とは?そして、朝活のメリットをまとめてみました。

asak

スポンサーリンク

そもそも、朝活とは何ですか?

「朝活とは」という言葉を辞書で調べてみました。

《「朝活動」の略》始業前の朝の時間を、勉強や趣味などの活動に当てること。平成20年(2008)ごろからの流行語。

確かに当たりさわりのない表現です。間違いではないと思います。

しかし、2011年から朝活等を開催している経験などを踏まえますと、

上記の定義では朝活の魅力を表現しきれていないかなと思います。

例えば、朝活として行われる勉強会に参加している方々は、

勉強熱心であり、意欲も高く、真面目な方々多いです。

そして、朝活として行われいてる勉強会に参加申し込みをすると、

いくら眠くても早起きして参加しないと迷惑がかかりますので、

面倒くさくても、半強制的に知識を身に付くことが出来ます。

上記の経験を踏まえますと、

朝活とは、

参加を決めるだけで面倒くさくても半強制的に知識を身につけ、

勉強熱心で、意欲も高く、真面目な方々と出会い、自己成長出来る可能性のある場

と言うことが出来ます。

朝活の種類は?

朝活の種類は一人で行うものや、大人数で行うものなど、大別して3種類に分類できます。

一人で行う勉強・読書・運動

平日・休日を問わず、早起きをして、カフェに行き資格の勉強をすることや、本を読むこと、ランニングをしたりジムに行くことも、朝活に含まれます。

朝から勉強をすることで時間を有意義に使えることや、精神的な余裕も生まれてきます。

運動することは、健康的に生きるためには必要ですので、非常にメリットがあります。

しかしながら、一人で行う朝活は、継続しにくく、長続きがしない可能性も高いです。

複数名で行うセミナー・勉強会

朝活で行なわれているセミナーは非常に多くの種類があります。

例えば、仕事の内容に関するセミナーであったり、

経済のトレンドや目標設定に関するセミナーなどもあります。

勉強会であれば、読書会や英会話、異業種交流会など様々なものがあります。

何と言っても複数名で行なわれているものは、自分とは違った業界の人や、

同じような年代なのに自分よりも知識が豊富な人に出会えたり、

全く出会ったことの無いような人に出会えることで、自分自身への刺激になります。

その、自分自身への刺激により、自分の視野を広げる切っ掛けになるでしょう。

勉強会もセミナーも、非常に多くの種類がありますので、玉石混合です。

質の良いものもあれば質の悪いものもあります。是非、質の良いものを探して参加するようにしましょう。

出勤時間よりも早めに出社する

出勤時間よりも早めに出社することで、誰にも邪魔されずに仕事を行えます。

また、1日のスケジュールも管理しやすくなるので、日々の仕事に忙殺されている人は、

余裕が持てるようになるので、良いかもしれません。

残業をすればするほど、自分の時間がなくなる?

余談ですが、残業をすればするほど、自分の時間が無くなるそうです。

残業をする→上司と夜遅くまで一緒に居る→「飯でも行くか?」と声をかけられる→断れないので、行くしかない→帰りが遅くなる。

出勤を早くすれば、残業をせずに帰ることが出来、より多くの自分の時間を確保出来ます。

例えば、1時間早く出勤すると、残業もせず、上司の飯に呼ばれないため、結果として1時間以上の自分の時間を確保出来るということです。

朝活のメリットは?

先ほども申し上げました通り、朝活とは、

参加を決めるだけで面倒くさくても半強制的に知識を身につけ、

勉強熱心で、意欲も高く、真面目な方々と出会い、自己成長出来る可能性のある場

しかし、実際にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

私自身が感じたこと、そして参加者の方に伺ったことをまとめまして、

代表的なものとして、下記5つのメリットを挙げさせて頂きました。

朝活で早寝早起きの習慣を維持

平日の5日間は、会社に出社する為嫌でも早寝早起きを心掛けますが、

休日に寝てばかりいたら、早寝早起きの習慣を維持することも難しいです。

平日の朝活は、早寝早起きの習慣化を助ける働きがあります。

休日に行っている朝活の場合は、休日の朝の早寝早起きの習慣を助けます

実際に、私も平日は主に起きるのが遅いのですが、

休日はきちんと早起きして、朝活に行っていることもあり、

昼夜逆転はせずに済んでいるので、良いことだと思います。(笑)

朝活に参加して隙間時間を有効活用出来る

平日出勤前の朝の時間や、休日の遊びに行く前の朝の時間は、

みなさん比較的に空いている場合が多いですよね?

その隙間時間で何か出来る事を探した時に、ぴったりなのが朝活です。

参加者の方で、下記の感想を言ってくれた方がいらっしゃいます。

友人同士では朝に中々起きてくれない人が殆どですし、

自分一人で何かを行うのも虚しい。

そういう時に、今回のような朝活に参加すれば、

複数人で、楽しくと喋ることも出来ますし、

特に今回は非常に勉強にもなりました。

いかがでしょうか?朝の隙間時間を有効活用するには、朝活が非常に有効なのです。

周りの環境を変えて閉塞感を打破する

閉塞感とは“自らを取り巻く状況を何とか打開しようと試みるものの、その状況を打開できずもがき苦しんでいる状態、先行きの見えない状態”です。

これを朝活に参加することで、閉塞感から抜け出すことが出来るようになります。

先行きの見えない状態である閉塞感のとは言い換えれば、将来に対する不安です。

将来に対する不安はなぜ起こるのでしょうか?下記が原因だと考えます。

  • 情報が不足している中でキャリアプランを決めなければいけないこと
  • 会社や組織など、自分の周りに心からなりたいロールモデルとなる人がいないこと

要するに、自分の将来に対する「このまま行ったら大丈夫」という信頼がないことで、不安になっているのです。

そんな中で、朝活に参加すると、どうなるのでしょうか?

朝活では、自分が今まで触れたことのない人と出会える可能性が高まります。

つまり、それだけ今までとは違った情報に触れることが出来る機会にもつながるのです。

また、色々な人に出会う中で、自分のロールモデルとなる人に出会える可能性も高まります。

そうすることで、自信が今抱えている閉塞感を打破することが出来るのでしょう。

新しい人との出会いで、生活に面白みを与える

朝活などに参加せずに、常に同じ会社に行っているとどうなるのでしょうか?

いつも同じ顔ぶれと、いつも同じ場所で、いつも同じ時に会う。そんなことを繰り返していくうちに、人の体感速度は徐々に早くなり。20才を超えたら加速が始まると言います。

20才から80才までの体感速度は、約15年とも言われているほど早いものだそうです。

学生の時は、毎年クラス替えがあったり、3年で進級して人間関係をガラッと変えたりしてきたことで、体感速度が長くなったり、多くの刺激を得ることで、知識や人格形成にも影響を与えてきました。

しかし、社会人になるとそういったことは全くされなくなってしまいます。生活に刺激がないと、ただ過ぎていくだけの日々になり、面白みが欠けていくのです。

有益な情報が、生活や仕事に役立つ

朝活を行っていると、様々な業界や学歴の方が参加されます。

その業界の知識を、その人の経験を踏まえてお話ししてくださることが出来るため、面白く学びとることが出来ます。

また、実情なんかもお伺いできたり、オフレコ話も結構多かったりします。

銀行はこんな感じの会社であるとか、IT系はこんな感じであるとか、官僚はこういう感じであるとか、会社の実情を知れば知るほど、転職する時にミスマッチが減ります。

また、同業種の別の方が来た時に、その話をすると「よくご存知ですね」と言われ、自分の格も上がります(笑)ので、オススメです。

まずは朝活に参加してみよう

朝活とは、種類、メリットについてまとめてみましたが、メリットを体感するために一番早い方法はまず参加してみることだと思います。

下記のような人は、朝活に参加した方が良いと思います。

  • 知識を得たい人
  • 刺激的な仲間を得たい人
  • 自分の先行きに不安を感じる人
  • 今の生活に何か不満を感じる人

皆さんも是非、朝活に参加してみて、メリットを体感されるといかがかなと思います。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする