心機一転!年末年始から新しいことをしたい人が用意すべき3つのこと?

年末になりましたが、いかがお過ごしでしょうか?

そろそろ、年末ということで、2013年の年初に立てた目標と、達成度を明確にしている方も多いかと思います。

2013年の1月を思い起こしてみてください。その時の、あなたの目標はなんでしたでしょうか?

「今年は英語の勉強をしよう」と思った方もいれば、

「今年こそは、何か違うことにチャレンジしよう」と漠然に思った方もいるはずです。

ですが、新しいことにチャレンジできなかったなぁ、とお考えの方も、もちろんいるでしょう。

今回は、新しいことにチャレンジできなかった方の為にお送りする、新しいことにチャレンジするために必要な3つのことをまとめてみました。

新しいことにチャレンジする

スポンサーリンク

新しい発想が芽生える環境が必要?

この記事で紹介されているのは、オフィスを新しくすることによって、新しい発想が芽生える環境を整備したと記述があります。

個人でこれを落とし込むには、例えば、引越しであったり、いままで一緒にいた人間関係を変える、新しいカフェに行くなど、日ごろよく行く場所、日ごろ喋っている方を変えることで、

応用が可能かなとも思います。

(参考)http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1309/24/news066.html

経験がないことを楽しみ・ワクワクする気持ち

40代の内にしておきたい、17のことの本田健さん(ユダヤ人大富豪の教え等、多数著)は、下記のように述べています。

40代になるとゼロから人に何かを教えてもらう機会はあまりなくなりますが、学校やカルチャースクールは新しく学べることでいっぱいです。新しいことを体験するというのは、気持ちがワクワクするのに加えて新しい友人や仲間が増えることにもつながります。それをしなかったら絶対に会うことはなかったような人に会えるのも、趣味を持つ楽しみの1つです。

これは20代にも言えることですが、20代の今だからこそ、貪欲に新しいことに挑戦することによって、様々な価値観の人と共感出来るようになっておく、話題を多く持つことによって、コミュニケーションスキルの向上は勿論、知識力でも差が出てきます。

20代の若い内だからこそ、出来る失敗もあります。

現状のままでは、絶対に会うことはなかった様な人と出会うことによって、楽しみが増えることも一つのメリットかなと思います。

(参考)http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1301/04/news005_2.html

自分がやりたいことを、取り組んでいる人

チャレンジをしたいと考えていても、実際にはどのように動いて良いのか分からないもの。

ですから、まずチャレンジをする前に、自分がやりたいと思ったことをやっている人に触れることによって、やり方を学ぶことも重要です。

自分の頭の中では「こんなこと無理だなー」って思っていても、実際にやっている人を見ると「なんだ出来るじゃん」って思うことが良くあります。

自分が、趣味で、スノボを始めたときもそうでした。

最初は、付き合いで行かなきゃ行けなくて億劫だったスノボでした。

まぁ、行事だから絶対に行かないといけないよな、って思いながら滑っている内に、隣で先輩に教えてもらい、コツを聞きながら、2年後には普通に滑れているものです。(ちなみに、スノボは一年で2日しか、当時はやっていませんでした)

このように、自分がやりたいと思ったことをやっている人に触れる環境に行くことによって、自分の考えの中で「なんだ出来るじゃん」って思うことが出来たのです。

年末・年始から新しいことをしよう

年末・年始から新しいことをすることは、非常に刺激的でとても良いことです。

環境・自分の気持ち・人。この3つを揃えることで、比較的楽に新しいことに挑戦できますので、気を楽にして行ってください。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする