書評「イシューからはじめよ」20代必読の問題解決と犬の道とは?

Yahoo COOで、元マッキンゼーのコンサルタント、そして海外でバリバリの理系学生だった著者が書いた「イシューからはじめよ」という本を読みました。

この本は、問題解決の本ではありますが、それ以上に20代から知っておきたい金言・名言が沢山ありましたので、少しご紹介したいと思います。特に「犬の道」の概念は必見です。

スポンサーリンク

イシューから始めよがオススメな人は?

イシューから始めよがオススメな方は下記の通りです

  • 問題解決能力を高めたい方
  • 効率的に成長したい方
  • 20代から若くしてバリバリやりたい方
  • PDCAについてちょっと詳しい方

イシューから始めよの構成は?

まず、著者のプロフィールの話があり、イシューから考える重要性があり、仮説を立てて、アウトプットして、メッセージで伝えるものになります。

アウトプットやメッセージについては、コンサルタントが、人に説明するために使えるスキルなのかな?思う印象も受けましたが、非常に勉強になる内容でした。

問題(Problem)とイシュー(Issue)の違いは何?

違いは深刻度としているサイトも多々ありましたが、この本では少し違います。調べてみたところ、様々なサイトで、Problemというのは、深刻度が高い問題のこと。Issueというのは向上する余地のある問題と説明しておりました。

Problemは社会?Issueは一部の問題?

私も悩んで、いろいろと調べてみましたが、どうやら、それは、ネイティブと日本人の英語のニュアンスの違いのようです。

Problem=社会制度全体で使われる問題

Issue=会社など、組織の一部で使われる問題

上記の違いから考えると、会社で起きる問題はネイティブ英語だとIssueになります。

参考:ネイティブは「Problem」と「Issue」を微妙に違った感覚で捉える?

ProblemとIssueの違いは本書に関係ない

この本の著者も、海外に留学していた経験がある方ですから、我々とは違ったニュアンスで英語を使っているのだと思われます。

そして、この本の中でも、イシュー度を見極めるという言葉が書いてある通り、より深刻で価値のある問題を改善するべきという趣旨で書いてありますので、

だから、会社の問題=イシューということで、見ていただければと思います。

悩むと考えるは違う

イシューから始めよで、最も印象的だったのは、本書の内容には関係ありませんが、冒頭で著者が話している悩むと考えるの違いです。以下、引用です。

僕の考えるこの2つの違いは、次のようなものだ。

悩む=「答えが出ない」という前提のもとに、「考えるフリ」をすること。

考える=「答えが出る」という前提のもとに、建設的に考えを組み立てること。

この2つ、似た顔をしているが実はまったく違うものだ

引用:イシューから始めよ 9ページより

ここは20代の人がよく陥りがちなことだと思います。

答えが出るのか出ないのかを先に考えずに、とりあえず考える。

そして、考えても答えが出る見込みがないのに、いつの間にか考えるが悩んでいるに変わっている。

悩んでいるのは答えが出なくて、建設的な行動ではないですから、そこに時間をかけるというのは時間を無駄にしているということなんですね。

いきなりイシューの見極めから始めるが極意!

イシューの見極めから始めることが極意と言われています。そもそもイシューの見極めとはなんのことでしょうか?

イシューの見極め=問題を解決したら目標達成に最も近づくものを判断すること?

イシューの見極めとは、その問題が解決に値するか否か、解決したら、もっとも目標達成に近づけるのかを考えることです。

本書では、イシューの見極めから始めることがバリューを出すための最短の近道であることを述べられています。

いきなり「イシュー(の見極め)からはじめる」ことが極意だ。つまり、「何に答えを出す必要があるのか」という議論からはじめ、「そのためには何を明らかにする必要があるのか」という流れで分析を設計していく

引用:イシューから始めよ 50ページより

イシューの見極めからはじめないと、イシュー度が高くない=問題を解決しても意味のない問題から始めてしまうことになり、それは最もやってはいけないものだとされているからです。

やってはいけない=犬の道?

イシュー度が高くない問題をひたすら行うことを、「犬の道」と言っています。

筆者もマッキンゼー時代に頑張って500枚のスライドを作ったが、最終的に上司に使われたのは5枚だけだったという経験もあり、これは非効率なアプローチだとも述べておりました。

体力でカバーしたい人はリーダーとして大成しない?

また、体力で問題を解決しまくれば、何個かが質の高い問題になるという考えも、「あなたがリーダーとして部下を率いる時」にそれは通用しないと言っています。

100歩譲って、あなたが人並みはずれた体力と根性の持ち主で、「犬の道」を通っても成長できたとしよう。だが、その後、あなたはそのやり方でしか部下に仕事を教えることができなくなってしまう。つまり、リーダーとしては大成できない。

というわけで、単なる努力で、右上の「バリューのある仕事」の領域に行けることはほぼあり得ないし、この道を歩むことはあなたの将来のリーダーとしての芽を摘む行為でもある。

引用:イシューから始めよ 35ページより

イシューを見極めるためには?

それでは、イシューを見極めるためには何が必要なのか?

イシューを見極めるには経験と相談?

本書では、経験が必要だと述べられています。

だからこそ、イシューを見極めるためには、見立てが必要であり、最初のうちは経験がないので、上司や、自分より詳しい人に相談をすることが大切なのです。

ある程度経験を積んできたら今度は仮説を立てたり、深掘りしていったり、本質的な選択肢に迫ったりとあります。ここはテクニカルな内容なので直接本書をご覧ください。

それでもイシューの見極め方を知りたい人は?

ここは個人的な見解なので、無視してもらって構いませんが、本書や色々な本を通して身につけた、私なりのイシューの考え方を箇条書きでお伝えします。

  • 自分が得たい目標を考える
  • 目標を達成するために必要な要素を具体的に絞り込む。
  • 要素を妨げている可能性のある問題を挙げられるだけ挙げる
  • その中で、比較的目標を妨げているものを仮説を立てて考える
  • どうしてその問題が起きているのか原因を挙げ、何故を5回繰り返す。

その中で比較的目標を妨げているものがイシューになるわけです。

ただ、本書ではやっぱり相談することが大切だと書いてありますので、必ず相談することを強くお勧めします。

イシュー度の高い問題をダイエットで考えると?

先ほどのイシューの見極めをして、イシュー度の高い問題を考える方法を書いてみましたが、例として、ダイエットで考えてみましょう。

①自分が得たい目標を考える=夏に振り向かれる人になる

②そのために必要な要素を仮説を立てながら挙げる=くびれ・肌の色・腹筋・胸・尻・匂い

※本来ならもっと具体的に〜cmとか、どういう色・匂いとかを書きますが割愛します

③要素を妨げている可能性のある問題を挙げる=家から出てない・食べすぎ・筋トレしてない・香水をつけていない

④比較的目標を妨げているものを仮説を立てて考える=上記があっているか、相談・ネット・雑誌で検証する

⑤どうしてその問題が起きているのか原因を挙げ、何故を5回繰り返す

=家から出ていない→家を出る必要がない→在宅仕事だから→家から出る予定がない→家から出る予定を入れる時間を設けてない→家から出る時間をスケジュールに記載していない

家から出る時間をスケジュールに記載していないがイシュー。どうすれば良いのかを考えて、打ち手を考えること。

イシューと仮説は言葉に落とし込むことを徹底すること

理系の筆者からすると、言葉に落とし込むというのは文系的な表現ですが、この言葉に落とし込むことは非常に重要だそうです。以下引用です。

イシューと仮説は紙や電子ファイルに言葉として表現することを徹底する。

当たり前に聞こえるかもしれないが、多くの場合、これをやれと言われてもうまくできない。

なぜ言葉にできないのかといえば、結局のところ、イシューの見極めと仮説の立て方が甘いからだ。言葉にすることで「最終的に何を言わんとしているのか」をどれだけ落とし込めているかがわかる。

言葉にするときに詰まる部分こそイシューとしても詰まっていない部分であり、仮説をもたずに作業を進めようとしている部分なのだ。

引用:イシューから始めよ 56ページより

この言葉にすることで、自分が何となく、曖昧に思っていることが何なのかがよくわかります。

本書では、「人間は言葉にしない限り概念をまとめることができない」とも述べられておりました。

まとめ:この本から20代が学ぶべきことは

この本から20代は下記のことを学ぶことが出来ます。

  • イシューの見極めから始めることの重要性
  • 思考を言葉にする大切さ
  • イシューを考える際のフレームワーク
  • 仮説を立てること
  • 分析とは比較であること

他にも学べることは多いので、ぜひ、一読いただきましたら幸いかと存じます。

問題解決関連記事は下記をご覧ください!

問題解決能力で、究極的な効率化を!(20代で勉強したい3つのこと)
※前回「20代で勉強するべき3つのこと(目標設定能力)」の続きの記事です。 20代で、勉強することの一つに、問題解...
問題解決スキルを身につければ成長率は3091%アップ! 問題解決 その①
問題解決と聞いて、あなたはどういうイメージを持ちますか。 様々な複雑怪奇な本が世に溢れていて、難しいイメージがある。 所...
【問題解決その②】問題解決スキルを身につけて目標達成を30倍楽にする?
問題解決と目標達成って関連性が無いように聞こえませんか? 実際には関連性は大アリです。 問題解決を学ぶことにより、目標達成が約3...

今回ご紹介した本は下記になります

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする