【世界経済悪化・・・】IMF総会を朝活で得た知識で紐解くと・・・

先日日本で行われたIMF総会で、

世界経済悪化のリスクが高まっていると言うニュースがありました。

その中で、

IMFの諮問機関のIMFCでは、世界経済の現状について「成長は減速しており、強い不確実性と下振れリスクが残る」とし、景気の先行きが見通しにくく、悪化していく危険性があることを指摘した共同声明を採択した。さらに、「世界経済を強固で持続可能な成長軌道に戻すために、断固として行動する必要がある」と強調した。 引用:東京新聞

上記のようなことが、何故起こるのか?ご存知だろうか?

以前、朝活、読書会で紹介された本の中で、以下のような記述がありました。

経済は人口動向によって比例して動いている。

また、IMF総会では、以下の内容の話し合いもあったそうだ

共同声明は各国の具体的な課題も列挙。日本には、赤字国債を発行するために必要な特例公債法案の成立を促し、「財源の確保と中期的な財政健全化が必要だ」と指摘した。

IMFが赤字国債発行を日本に促すというのはどういうことだろうか?今回は、この点に集中して読み解いてみたいと思います。

良く話しに出てくるのは、日本を一般家庭に考えると、収入の2倍の金額をクレジットカードで使用しているということです。

え?国債がクレジットカード?と思われるかたもいらっしゃるかと思いますが、性質がクレジットカードに似ています。

例えば、国債を発行すると、まず銀行が国債を買い取ります。そのお金で損失を補填したり、政策の運営費として使用しています。

そして、国債は大体、償還が10年先などになります。要は、今使って10年後に利子をつけてお返ししますということです。

クレジットカードで払って1ヶ月後に引き落とすという構図とお変わりは無いと思います。

このようなデータは、国家の歳入と歳出を比べてみればよく分かるでしょう。

経済学者のメルマガに登録しても良いですし、経済系の本を1~2冊読めば、このような内容はザラにあります。

このブロクで話をするのは控えさせて頂きますが。少し調べればすぐに分かります。

これも、経済学者の作者訳注にあった言葉です。

「簡単な統計でも調べればスグに分かる内容なのに、みんな調べようとしない。総務省のHPには沢山載っているのに・・・。だから、私は本を書いて儲かることが出来るのです」

さて、先のIMFのお話を、一般家庭に例えるのならば、以下の通りになります。

収入の2倍のクレジットカードを使っている家庭に、クレジットカード会社から「更にクレジット使ってください」と促されている

IMF=クレジットカード会社 国=家庭 国債=クレジットカード

IMFが何故クレジットカード会社なのかと言うと、IMFは最終的に国が破産した際にお金を貸してくれる最後の銀行だからです

昔では、アジア危機の際に韓国がIMFから資金調達をし、最近ではギリシャがIMFからお金を借りましたね。

このIMFからお金を借りるというのは、ある条件が必要なのです。それは、IMFが出した条件を全て飲まないとお金を貸してくれないのです。

え?そんなの普通じゃんと思われる方。正しい感覚をお持ちですが、このIMFの条件が厳しく、ギリシャでは民衆から暴動が起こりました。

以下、あるサイトから引用させて頂きます。ギリシャの暴動とIMF財政再建策の関係です。

デモの原因は、IMFの財政再建策にそった、パパンドレウ政権が、財政緊縮政策を発表したことだ。

その政策は、①消費税23パーセント(二パーセント上昇)

②年金の三割カット

③公務員給与の削減(ギリシャでは、公務員の労働比率が高い)

この政策に反発し、大規模デモが、各地で発生しているという。

*アテネ証券取引所の入口を労組組合員約150人が封鎖=取引所スポークスマン

*アテネ証取の入口を組合員が封鎖、取引は通常通り実施へ

*ギリシャ・アテネ:デモ隊と警官衝突、火炎瓶で銀行が火災、女性2人を含む3人死亡

引用: http://ncode.syosetu.com/n2990h/38/

既に申し上げましたとおり、

日本の財政赤字は歳入の2倍。

破産したらIMFがお金を貸してくれる

でも条件があまりにも厳しすぎる

以上のことを踏まえて、ここで質問です。

「もし、日本が赤字を抱えて、破産したらどうなるの?」

それは、正直言って誰もわかりませんが、ある程度予想することは可能だそうです。

重要なことは天気予報のように先を見通すこと。

雨が降ると思えばかさを準備する。

嵐が来ると思えば、家からは非難しない。

夏が来ると思ったら、思い切って海に遊びにいく。

そういう予測をするために、読書は気っても切り離せない存在なのです。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする