意識高くなくても重要!?20代からミッションを持つべき理由と4つの方法とは?

ミッションとか価値観とかの単語を使うと意識が高いと思われがちですが、

そういう人に限って、人生に迷っている人は沢山いると思いますが、どうなんでしょうね。

別に、意識高くなくても、価値観を明確にしたり、ミッションを考えたりしたほうが良いと思うんですけどね・・・。

普通に、当たり前のようにミッションを持つことを考えても良いと思いますよ。意識高くなくても・・・。

ミッションって何?

スポンサーリンク

ミッションとは、人生の指針である。

ミッションとは任務や使命、目的や目標のことを言います。つまり到達するべきものがあること、目指すべき方向性があるときに、ミッションという言葉が使われるのです。

これを一個人のミッションと考えた場合は、「一個人として目指すべき方向性」ということになります。つまり、ミッションを考えていない人というのは、目指すべき方向性が無いので、何のために生きているのかが曖昧なまま生きるということに等しいのです。

だからこそ、ミッションとは誰もが持つべきものだと言われている理由の一つになります。

そして、このミッションを文章化したものをミッションステートメントと言います。

下記、7つの習慣のミッションステートメントに対する引用です。

目的を持って始める最も簡単で大きな効果をもたらす方法のひとつは、ミッション・ステートメントを書くことである。そのなかで自分はどうなりたいのか、何をしたいのか、そして、自分の行動の基礎となる価値観や原則を明らかにするのだ

―スティーブン・R・コヴィー

引用: http://www.franklinplanner.co.jp/learning/selfstudy/ss-15.html

20代からミッションを持つことは迷わない人生になる

20代からミッションを持つことは、世間一般からしたら早い方だと思われております。無理もないです。遊びたがりの20代の時代に、自分の人生をどう過ごすのかと自問自答して考える人は、ほとんどいないと思います。だから意識高い系と揶揄されるのでしょう。

ミッションを持つということは、自分の目指すべき方向性が定まっていることを言います。つまり、自分の人生の歩むべき方向を見定めているので、ブレることがないのでしょう。

これは、先日も説明した、一貫性の持ち方と似ております。詳しくは下記を参照

「コロコロ言ってること変えないでよ」 「いつも言っていることが違うけど、何考えているわけ?」 言っていることを…

ミッションを持つために必要な4つのこととは?

実際に、ミッションを持つためには何が必要なのでしょうか?順を追ってみていきましょう!

ミッションの例を知る

まず、ミッションの例を知らないとミッションの作りようがないですよね(笑)下記は、7つの習慣のサイトにあった例を引用しております。

例1

  • 自分と自分の周りの人々を信頼する
  • 助け合いの精神に日々努める
  • 全ての人にやさしく礼儀正しく接し、敬意を払う
  • 誰かを変えようとする前に、まず自分が変わることを肝に銘じる
  • 到達できる目標を定める
  • 言葉ではなく、態度で語りかける
  • 小さなことでも当たり前だと思わない
  • 自分より不幸な人や、つらい日々を過ごしている人を助ける時間を作る
  • 他人が自分と違うことを認め、その多様性を受け入れ、大きな利点と見る

例2

私は何があっても家族の幸せを第一優先とする。幸せに過ごすための経済的基盤を築き、家族全員が自分自身の目標を実現するために手助けをする。何か問題が起これば、全員で話し合い、全員が納得する案を決める。

個人の意思は常に尊重し、自ら意見を述べることができるようにする。家族の存在意識を感じるために社会に貢献できることを全員で行う。

引用: http://www.franklinplanner.co.jp/learning/selfstudy/ss-15.html

このように、ミッションは、

①自分が大切にしたいことを列挙する

②大切にしたいことをつなげて文章にする

という順に作り上げる方が良さそうですね。

ただ、現状の自分の頭の中からミッションを作ろうとしても、自分が使命を感じていなければ、無理やり作ったミッションになってしまうので、あまり意味がないです。

だからこそ、必要になるのが、情報を浴びるということです。

情報を浴びる

例え話がアニメの話で申し訳ないですが、下記はミッションを考えて意味がなかった例です。

ガンダムしか知らない人が、「ガンダムを普及する」ことをミッションにしても、その後で、ガンダムよりもエヴァンゲリオンに感銘を受けてしまったら、ガンダムを普及してきた意味がない。

他のアニメを知らなくて、妄信的に一つのものに取り憑かれてしまうことが原因です。

使命を感じるために必要なことは、「情報を浴びる」ことです。情報を浴びなければ、自分が使命として持ちたいことが、世間一般にどのように受け入れられていることなのか、その位置付けにおいて、自分が何故、あえてそれを使命として持ちたいのかという理由が明確にならないからです。

情報を浴びた上で、作られていない使命は、半ば狂信的な理由で、論理的でもない、はっきり言って仕舞えば、人生にとって迷惑でしかないものなのかなと思います。

だからこそ、情報を浴びることで、まず立ち位置を知ることが重要です。

ただし、これだけでは、使命を考えついたとしてもそれを言葉にすることができません。

考える力を身につけ、要素分解の思考を持つ

情報を浴びることは、世間の成り立ちを知り、その中で自分が使命にしたいことについての正当性を見出す上で必要だということでした。

しかしながら、使命にしたいこと、ミッションにしたいことについて考えるためには、考える力が必要です。

例えば、論理的思考能力であったり、要素分解する力であったりする力がなければ、自分の使命にしたいことの具体的な要素がわからないため、ぼんやりとしたもので終わってしまいます。

例を出してみましょう。

世界を変えたいというミッションがあった時に、何で世界を変えますか?それは何故ですか?もしも論理的思考能力がなければ、「何となく、世界は変えないとダメだなと直感で思ったから」となります。それでは、ミッションがあっても、ぼんやりしすぎていて、どういう風な行動をとるのかがわかりません。

世界を変えたいというミッションをさらに要素分けして、何故なのかを深掘りした結果、自分より不幸な人や、つらい日々を過ごしている人を助ける時間を作ることで、世界を変えていくということになった時に、初めて、ミッションとして力を発揮します。

このように、ミッションという抽象的な概念を考えると、ぼんやりしすぎていて、明確にならない場合が多いので、極力行動の方向性が最低限わかるくらいまで、何故なのか?そのためには何が必要なのか?といった、考える力、論理的思考能力や要素分解する力を持っていると良いと思います。

ただ、ここまでの話はいきなりミッションとかを挙げても簡単にあがる、意識が高い系の人に向けての話でした。そうではなく、これからミッションを考えようとする人には下記の話が最も良いかなと思います。

やりたくないこと・避けたいことを挙げる

将来的にやりたくないこと・避けたいことを挙げることで、やりたくないこと・避けたいことのない人生を歩むことをミッションにすることもオススメです。

例えば、

ハゲたくないとか、太りたくないが挙がってくれば、健康を目指す。

お金で困りたくない、将来に不安を感じたくないが挙がってくれば、お金で困らない人生を目指す。

やりたくないことについての挙げ方については、下記の記事をご覧ください。

自分が思うやりたくないことを挙げる最強のノウハウです。

やりたくないことリスト作ってる?4つのメリットと作り方とは?
神田昌典さんの非常識な成功法則に書かれているやりたくないことを挙げることですが、 もうやられた方も多いと思います。 おそらく、こ...

まとめ:ミッションを持って迷わない人生を生きる

ミッション持ち方まとめ

意識が高くなくても、今からミッションを持つことで、迷わない人生になることは明らかだと思います。皆さんも是非、暇があればミッションを持つと良いかなと思いますので、上記の方法を試してみてください。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする