有名人×Google+=???

AKBがSNSを始めた!

44644この数字はなんでしょう?

大島優子さんが、

Google+のフォロワー数で、国内で1位

になったのは、記憶に新しいですよね?

参考;http://gplus.userlocal.jp/gplus/user/105229500895781124316/

恐らく12月8日頃にGoogle+を初め、3日目にして、4万人を突破しています。驚異的ですよね。

それだけでなく、国内のフォロワー数のランキングの1位~7位が全てAKBだという。とんでもないことになってますね。User Localさんの1位~100位ランキングもほぼAKBなどのグループが占めています。大変なことですね。

芸能人として最初にGoogle+を始めたのも彼女達AKBだと思います。秋元康さんはやっぱり仕掛ける側の人ですね。

このGoogle+。彼女達が投稿すると、それが日本語以外に、英語、中国語、韓国語、タイ語、インドネシア語に翻訳されるほか、メンバーと世界のファンとの動画チャットも可能だと言うこと。

遂に動き出しましたね。秋葉発のアイドルから、世界のアイドルへの秘策。Google+で「より身近なアイドル」へ・・・。

今回は、Google+参入により期待できる効果を書きたいと思います。

今回のAKB、Google+参入により、期待出来る効果は

スポンサーリンク

1.身近になるGoogle+

SNSというのは、以外と参入障壁が高いです。例えば、1つのSNSを行っていたら、次のSNSをやる意味を見出せなくなるからです。

今回AKBが参入することによって、メディアなんかにも取り上げられるようになりました。その結果、再びGoogle+参加者が増加すると思います。このビックウェーブに乗るしかないですよね?

2.海外への露出機会が増える

Google+の特徴として、世界で展開していることや、文字が無制限に投稿が可能であるということと、写真を投稿したら大きく載ること、翻訳されるという点が挙げられます。

この点から、Twitterとはまた違った、海外へのミニブログ的な役割を担えるので、海外のフォロワーに対してのアプローチがしやすくなります。

3.日本から海外へ飛び出すモデルケースとなる

芸能界だけでなく、今の日本では「日本だけに留まっていることがリスク」と言われる時代になりました。

「出来ることなら、海外のシェアを取りたい。いや、とらなくてはならない」と思っている企業は少なからず多いかと思います。

まず現地に行きファンを作り、ファンとのコミュニケーションの場としてGoogle+を活用し、見込み客を既存客にし、リピーターにすることが出来るかと思います。

このようなシステムを確立することを学ぶために、今回の事例は大変参考になります。

他にも効果はございますが、とりあえず以上の3点に絞って説明させていただきました。

ちなみに、冒頭の数字は、12月12日午前9時現在の大島優子さんのGoogleプラスのフォロワー数でした。

余談ですが、私が一番感心したのは、先進国ではなく、新興国にターゲットを絞っている点です。今までの海外戦略では先進国で認められようと必死な歌手を多く見てきましたが、鳴かず飛ばずで、どれも失敗してしまったというのが多いと思います。

そこではなく、これから伸びるであろう、BRICsやVISTAに目を向けているのは、流石としか言いようがありません。まさに、パイオニアと呼べると思います。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする