一貫性を持つメリット・デメリット?上手に一貫性を持つ2つの方法とは?

「コロコロ言ってること変えないでよ」

「いつも言っていることが違うけど、何考えているわけ?」

言っていることを変えているつもりがなくても、言っていることが変わってしまう…。

そういうことってありませんか?私はよくあります。

コロコロ言っていることを変えないためには、一貫性を持つことだと言います。

しかし、そもそも一貫性を持つとはどういうことなのでしょうか?

一貫性を持つ

また、一貫性をもつと、「なんか堅物みたい」って思う方もいると思います。

確かに、バランスが偏ったら堅物になってしまいますね…。

今回は、一貫性とは?一貫性を持つメリット・デメリットは?上手に一貫性を持つ方法は?

そんな一貫性について、ご紹介致します。

スポンサーリンク

そもそも、一貫性とは?

辞書で調べてみますと、

一貫性とは、「始めから終わりまで同じ一つの方針・考えによっていること。」だそうです。

つまり、

一貫性を持っているとは、始めから、終わりまで同じ考えを持っていること」でしょう。

え?当たり前のことじゃん?なんで説明したの?

そういう声が聞こえてきそうですが、

初めから終わりまで同じ考えを持つ」という、「考えを持つ」という部分が、上手に一貫性を持つ上では、とても大切なのです。その理由は、最後に説明しております。

一貫性を持つメリット

一貫性を持つということは、考え方や言動がぶれなくなるので、任されやすい人になるということが出来ます。下記、一貫性をもつメリットになります。

考え方がしっかりしていると思われ、評価が高まる。

一貫性がない人は、考え方や言動がぶれてしまうので、相手からしたら「何を考えている人なんだろう?」と思わせてしまいます。一方で、一貫性がある人は、考え方や言動がぶれることがなく、いつでも同じようなことを言う人ですので、その分だけ、自分の考えが正しいのか考えている人だと言えます。

だからこそ、一貫性を持つことができれば、周りの人から考え方がしっかりしている人として、あなたの評価が高くなるでしょう。

あなたの評価が高くなれば、友人関係は円滑になり、職場の上司からの見え方も良くなりますから出世も近くなるかもしれません。

スタンスが分かりやすく信頼を得やすい

先ほどと同様に一貫性を持っている人は、考え方や言動がぶれないため、何を考えている人なのかわかってもらいやすくなります。何考えているか分からないから、怖いと言われることもなく、一貫した

その結果、他者からしたら、スタンスが分かりやすく信頼を得やすいのです。

一貫性を意識しすぎると発生するデメリット

一貫性にはメリットがありますが、意識しすぎるあまりに、意固地となってしまい数々のデメリットを被るケースがあります。一貫性もバランスが重要なので、下記のデメリットを十分に理解した上で、バランスの取り方を学びましょう。

柔軟性がないと思われ、信頼を失う。

一貫性を意識しすぎるあまり、意固地になることで、相手の方が論理的に正しいにも関わらず受け入れられなくなることがあります。

その結果、相手から相手の意見を受け入れるということができずに柔軟性がないと見なされるため、信頼を失ってしまうケースもあるでしょう。

応用力がないと思われてしまう。

一貫性を意識しすぎるあまりに、決められた行動しかできなくなってしまうため、応用力がないと思われてしまいます。

応用力がないと思われてしまうことにより、他者から重要なことを任されることを戸惑われてしまう可能性もありますので、注意が必要です。

信頼性が高まる一貫性を持つにはどうするのか?

一貫性を持つ

信頼性が高まる一貫性をもつには、何度も文中で述べているようにバランスが重要です。

大分前に、考え抜いておくことが大切

ぶれている人の言動や行動の最大の原因は、「あまり考えないで行動している・発言している」というところにあります。簡単に言えば、何も考えずに行動しているから、あらゆる行動がぶれているのです。

また、一貫性を勘違いして、意固地になってしまう人も、考え方が浅いために、表層的な行動だけに囚われてしまうのです。

逆に、考え抜いていれば、自分の行動の理由を考え抜いた結果、導き出された精神性からくる「こう言う考えもありかも」といった考え方を受容することが出来るようになります。

つまり、一貫性のあるブレない行動・言動をするためには、深く考えること。その後行動することが大切になります。当たり前のように聞こえますが、実はできていない、考える前に行動すること、これこそが一貫性をもつ為には非常に大切なのです。

ですが、自分が行動する前に一々考えてから行動していては、その都度で動きが鈍くなってしまうので、変な人になるだけです。だから、深く考えるのは、行動や言動ではなく、必ずその前にしておかなければいけません。

では、何を深く考えれば良いのでしょうか?

深く考えるべき項目とは?

  1. 自分の価値観・ミッションを考える。何が大切なのか、何が重要なのかを考える。
  2. 今までの行動を洗い出して、行動の中でよかった行動・悪かった行動に分ける。
  3. その中で、よかった行動から導き出されるルールを考える
  4. 悪かった行動を起こないようなルールを考える。

瞑想のような、禅問答を繰り返しながら、自分の価値観を常に考えましょう。

自分の将来目指していることを思い返したり、どういう人になりたいのかを考えていて、将来目指している姿が明確であればあるほど、一貫性を持つことが出来、行動がブレることがなくなります

また、自分の行動を「この場合だったらこうする」と予めルール化することにより、スムーズに一貫性のある行動が取れますので、選択を迫られた時に考え込んで、変な人になってしまうことを防ぐことが出来ます。

考えが間違っていると思ったら、訂正する

いくら深く考えても、人間である以上、考え方が間違っていることは多々あります。そこで、一貫性を勘違いして、行動を変更しないというのは、意固地と思われてしまい、信頼を失ってしまいます。

考えが間違っていると思ったら、素直に謝り、今までの一貫性を訂正することが大切です。逆に、そうしなければ、誤った考えのまま進んでしまい、不必要な害を生み出してしまいます。

iPhoneも発売当初のスタンスから、一転して別のスタンスを取ったことも有名です。

iPhoneの発売当初、サードパーティのアプリは許可されていませんでした。セキュリティや品質が重視されたためです。アップル社は「ユーザーのためにそうした」と話していました。半年後、同社は姿勢を完全に変え、iPhoneをデベロッパーたちに開放しました。この心変わりをどう評価しますか?

必要に応じて柔軟になることの大切さを表しています。

引用:http://www.lifehacker.jp/2014/12/141216lessons_steve_jobs.html

また、1995年のスティーブ・ジョブズへのインタビューでスティーブ・ジョブズは、自分は意見を変えると言うことに対して、このように語っています。

成功すれば何でもいい。

多くの人が知っているが、私は何かを強く主張していても、反対の証拠を見た途端、180度意見を変える。そんなのは構わない。

実際、私はよく間違うが、最後の決断が正しければいい。

引用:http://web-academia.org/it_business_execute/startup/722/

ここからも分かるように、スティーブ・ジョブズは行動に対してや意見に対しては執着はありませんでした。しかし、成功するということ、ユーザーのために世に良いものを送り出すというスタンスは一貫性があり、一点も曇りも無かったと言えるでしょう。

まとめ:一貫性を上手に持てば、信頼と偉大な成果を生む

一貫性を上手に持つために必要なことは、深く考えることと、考えを訂正することです。

この二つができることが一貫性をもつにはとても重要です。

1つ目に、深く考えて決めたミッションをブラさずに一貫性を持った行動をとることが出来るようになります。

2つ目に、誤っていたとしても、行動をすぐに訂正することが出来れば、より偉大な成果に近づくことが出来ます。

何よりも、間違っていたと、考えを受容して受け入れることが出来れば、信頼性が生まれることは間違いありません。

このように、一貫性を上手に持つことで信頼と偉大な成果を生むことが出来るのです。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする