【人工知能(AI)で奪われていく仕事】働き方が変わる時代の3つの生き抜く力とは?

人工知能に職を奪われる未来は近く、人間は、更なる進化が求められています。

過度に危機感を持つ必要はないかもしれませんが、知っておいて損はないと思いますので、いくつかのデータやレポートを見ながら、生き残るために必要なスキルまで見ていきましょう。

ai-brain-knowledge-graph-ss-1920-800x450

スポンサーリンク

人口知能に職を奪われる未来は近い

野村総合研究所の研究によると、日本労働人口の49%は機械や人工知能により代替可能になるとのことです。

日本の労働人口の約49%が、技術的には人工知能やロボット等により代替できるようになる可能性が高いと推計されました

引用:日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等で代替可能に

単純な見方なので、異論反論あるかもしれませんが、自分の会社にいる人の中で49%は機械で代替可能な仕事をしていると考えてみてください。

隣に座っている人か自分、どちらかが会社からいなくなるということがあり得るということです。

また、世界経済フォーラムで発表されたレポートによると、後5年で、世界の労働人口の500万人が職を失うとされています。

世界経済フォーラム(WEF)が19日発表した分析報告書によると、ロボットや人工知能(AI)の台頭などが労働市場に大きな影響を及ぼすと指摘。世界15の国・地域で今後5年間で約510万人が職を失うとしている。

引用:ロボットや人工知能台頭、今後5年で500万人が失業=ダボス報告

また、あるアメリカの研究機関が出したデータによると、20年後に機械に奪われる可能性のある仕事とその確率は下記の通りだと書かれています。

現在の職業が20年後に機械に奪われる可能性:

  • プログラマー: 48.1%
  • ソフトウェアエンジニア: 4.2%
  • 家政婦: 68.8%
  • ウェイター/ウェイトレス: 93.7%
  • バーテン: 76.8%
  • 調理師: 96.3%
  • シェフ: 10.1%
  • 経理: 97.6%
  • 経理部長: 6.9%

引用:人工知能 (AI)や機械に絶対奪われない3つのスキル

この表から考えてみると、やはり単純作業に分類されるものは、奪われる可能性が高い。

単純作業というのは、人間か介さなくても良い人工知能が出来てしまうので、代替可能になります。

単純作業が人工知能によって奪われてしまうのであれば、奪われない仕事を考えれば生き残るスキルを考えることができます。

では、人工知能に奪われない仕事とはなんでしょうか?

生き残るために必要な3つのスキル

機械が49%の仕事を奪っていく、この世の中でどのようにスキルを磨いていけば良いのか。記事の中では、下記のように述べられておりました。

機械や人工知能にも奪われない3つのスキル

  • クリエイティブ
  • リーダーシップ
  • 起業家

引用:人工知能 (AI)や機械に絶対奪われない3つのスキル

クリエイティブやリーダーシップなどは、機械が代行できないものであり、機械は起業も行いません。

こういった人と人のつながりが必要な仕事や、導いていく仕事、アイデアを出していく仕事などが、代替されないスキルになっていくのです。

よくよく考えれば、こういう話は、2006年に刊行されたダニエルピンクの著書、ハイコンセプトでも取り上げられていました。

2006年に刊行されて未だに概念が適応するというのは、良書である証拠だなと思いました。

更に面白いのは、こういう本が出ていたのにも関わらず、さも「今のブーム」のような感じで新しい働き方や、人工知能の話が喧伝されているのも面白いですね。

ニュースよりも、情報が早いのは本です。

このインターネットや、ニュースがたくさんある中で、一番情報が早いというのが本ということも面白いですね。
まだ読んだことがない人がいるのであれば、是非、読んでほしい一冊だと思います。

また、下記の本もトレンドを知る上では最先端の内容だと思いますので、オススメです。

ツールを使いこなし、無駄な時間を排除する。

人工知能やロボットが発達していくと、仕事が奪われるとのことですが、これを良しとする動きも確かにあります。

何故ならば、「人が本当に人にしかできない仕事をすることによって、イノベーションが起きる」ということが言えるからです。

産業革命から見る、人工知能によって仕事が奪われるメリット

産業革命の変遷を考えて見て下さい

毛織り物などは、元々は職人が担っておりましたが、工業製手工業に変わることにより、分業を始め、より効率的て、生産量も格段に上がりました。

また、工業製手工業から、工業製機械工業に変わることにより、分業やっていた、大部分を機械が占めることになりました。

機械が占めることになったからといって、すぐに、労働者の仕事がなくなったわけではないです。

勿論、待遇は悪くなり、機械を壊したりして、仕事に戻ろうとする人も増えてきたり、資本主義が悪いということで、共産主義になったりしたりと、変化がたくさん起こりました。

ただ、徐々に徐々に仕事がなくなっていく過程で、求められるスキルが異なる求人情報が変わったり、仕事がなくなったから自分で起業してみたりと初める人も増えてきたでしょう。

それこそ、このテクノロジーの変わり目に、世に出てくる人はいるのです。

産業革命の様に働き方が変わる中でどう対応すれば良いのか?

産業革命と同じように、人工知能や、ロボティクスで、働き方が変わってくる状況で、どのように対応していけばいいのか?

便利なもの(ツール・クラウド)を利用して、個人の生産性を極限まで上げて、機械でできるような仕事は、機械で行い、考える時間や、人とのコミュニケーションの時間、本を読む時間などにあてることで、人間としてのスキルを磨いていくことが必要だと思います。

今、行っている自分の仕事で、ツールやクラウドなどを活用し、工夫をすることで、時間を短縮できる部分が沢山あると思います。

メールを毎回送っている人は、定型文を作るとかでも良いと思いますし、いろいろなメモを取っている人は一元管理のために、Evernoteを活用してみたり。

それを徹底して考えることにより、極限まで自分の生産力を上げて、機械で出来る部分に時間は使わないようにする。

そして、考えたり、本を読んだり、コミュニケーションをとったりすることにより、色々な情報を仕入れることで、よりクリエイティブに考えられるようになることが、生き残る上で必要なことだなと思います。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする