【ニュース】世界の人口70億人突破へ。一方の日本は・・・

いよいよ、世界の人口が70億人を突破しましたね!おめでとうございます!

しかし、待てよ・・・。

人口が増えると一体どういう影響があるのだろうか?

ちょっと、疑問に思ってみたので、簡単に調べてみました!

まずはじめに、今後の動向

今後の世界人口の推移なんですけれども、

このように2100年までには人口が100億人を突破するそうです。

また、インドやナイジェリア等のアジア、アフリカの国(新興国)が台頭して来そうな雰囲気がありますよね。

2011年の国別の順位を見てみると・・・。

順位 国名 総人口
(人)
1 中国 1,353,311,000
2 インド 1,198,003,000

http://memorva.jp/ranking/unfpa/who_2011_population.phpより抜粋

というように、この2つの国だけで日本の25倍の人口である、25億人が住んでいるということになります。

この25億人というのは、1950年の世界人口とほぼ同じ数字です。

ここまで、急激に人口が上がると、どうなるのか?

1.食糧価格の急騰

2.資源不足や雇用問題

 [BAGHPAT(インド) 25日 ロイター] 国連の推計によると、世界の人口は10月31日に70億人を超える。人類はこれまで経験したことのない人口密集時代に突入するが、急速な都市化や環境の悪化、医療や教育への需要急増、資源や雇用の配分など、70億人突破は世界がこれから不穏な時代を迎えることを暗示しているとの指

といったものが論じられております。

また、去年と比べ、世界の人口は約7000万人ほど伸びているそうです。

ちなみにこの7000万という数字。全く関係ないですが、今年の春に○○○○が顧客流出した人数と同じw

1:名無しさん@涙目です。(東京都) :2011/04/27(水) 09:12:22.67 ID:Yew/WcaS0?PLT(18000) ポイント特典ソニーは26日、同社ブログを更新し、7000万人以上の同社顧客に対し、名前、住所、電子メールアドレス、生年月日、PlayStation Networkおよび「Qrioc...

また、インドは2026年までには中国を抜くという論文もでています。

India will overtake China to become the world's most populous nation within the next 16 years, according to new government figures.

知っていましたか?インドは今不景気に強い。

人口の統計は良く分かったけど、経済との関係性は何だろう? 

主要各国の人口推移と経済成長の関係を調べてみました。

まずはじめに、主要各国の人口の推移をご覧ください。

インド、中国は右肩上がりですが、日本とアメリカはほぼ横ばいです。

一方経済成長はどのようになっているのでしょうか?

見て分かる通り、

インド・中国は+(右肩上がり)

日本・アメリカは横ばい若しくは-(右肩下がり)

単純な話で申し訳ないですが、これは内需の関係ですね。

インドと中国は人口増える=内需拡大

一方

日本とアメリカは人口が増えない=内需縮小

という図式が当てはまるかなと思います。

もっとも複雑な要因があるとは思いますが、ここでは簡単なケースにするため、人口にだけ絞ってお話しさせて頂きました。

今後の世界はどうなるのでしょう?今後の日本は?あなたは、どうなると思いますか?

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする