21世紀版!生産性を上げるために辞めれば良い3つの行い

productivity 

面白い記事があったのでご紹介します。

どうやら、21世紀に入って人々の時間の使い方にも変化が出てきたようです。

これを辞めたら生産性上がるって、

理由は分かるけど辞められない3つのものをご紹介。

即ち、これを辞められればあなたの生産性は格段に上昇するでしょう!

スポンサーリンク

1.Social Media

Facebookを辞めてもTwitterをチェックしたりと、SNSそれぞれに良い点があるから、辞められませんよね?
そうやってチェックしていく度にあなたの時間は浪費されているんですよ!

この記事の中では、SNSは悪だと書いてあると思いきやそうでもない。

じゃあ何さ?と思うでしょう。

それは、あなたがつぶやくのを代わりにやってくれるプラグインやサービスを見つけるなど、絶対に必要な作業量を極力減らすことが重要なんじゃない?と言っているのです。

例えば、
FacebookとTwitterをやっている方だったら、どちらも連動させれば、その分作業量は浮きます。

SNSから友達経由で入ってくる情報の中には、凄い有益な情報もあります。
ですから、SNSを辞めるのではなく、作業量を減らすという観点で効率化することが重要なのかもしれません。

ちなみに、私もFacebookやっておりますので、よろしければ友達申請してくださいw

2.モバイルゲーム

記事ではモバイルガジェットとして、スマートフォンで行えること全般にしてますが、ここではあえてモバイルゲームとします。

確かに、モバイルゲームは楽しい。私も昔はずっとやってました。

しかし、モバイルゲームばっかり行うのは生産性から見たらどうなんでしょう?

本当に計画的にゲームやってる?

昔は、大人が「ゲームなんか止めなさい」と言えましたが、

ゲームがどんどん小型化するにつれて、大人の目の届かないところでゲームをすることが可能です。

ファミコン時代と比べたら、ゲームと接している時間は多いのかもしれません。

ご利用は計画的に(どっかで聞いたことあるセリフですねw)

3.E-mail

どんどん便利になるにつれて、コミュニケーションの手段として使えるのがこのEmail

送りたい時にスグに相手に届くというのは、望まれないメールでも届いてしまう諸刃の剣。

例えば、旅行先に仕事の話のメールが来て、ずっとブルーになるなんてこともあるでしょう。

未然に対処出来たり、問題解決といった面では非常に貢献しているメールですが、その裏で、集中したい時に集中出来ないと言った、諸刃の剣の要素も含んでいます。

そういう時は、休暇設定のオートレスポンス機能を使うなど、十分に活用することが大事ですよね。

まとめてみて思ったこと

いっさいがっさい全てを一気にやめるのは到底不可能なことだと思います。

それこそ、SNSは今ではみんなやっているので、「何でやらないの?」と言われかねない文化として定着していますし、

メールを返信しなかったら怒られるなんて日常茶飯事(メールがない時代は手紙だったので、すぐに返信できなくても当たり前だったのに)

ならば、それらと上手く付き合うことが必要なんでしょう。便利になればなるほど、使う人の知恵が試されるという時代なのですね。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする