家庭に入りたい人が増加中?地方の20代女性の最近の傾向とは?

「やっぱり、女性は社会進出というより、家庭よね。」

男女雇用機会均等法から女性の社会進出が後押しされていましたが、社会進出よりも家庭に入りたいという言葉が聞こえそうな世の中になっているそうです。

こんなニュースを見つけたので、ご紹介

   オトコは仕事、オンナは家庭――。そう考える20代女性が一部で増加しているらしい。滋賀県が県内の20代男女を対象に調査したところ、「男性は仕事をし、女性は家庭を守る」という考え方に肯定的な20代女性は、2011年の調査で33.1%を占めたという。    09年の38.2%からは少し落ち着いたものの、05年の23.1...
スポンサーリンク

地方の20代女性は仕事よりも家庭が30%?

全国平均をすると仕事を優先する人が依然として増加傾向(家庭に入りたい人は減少傾向)ですが、地方の女性に限ってはその限りではなさそうです。

滋賀県の女性の30%は家庭に入りたい?

滋賀県の女性の調査ではありますが、20代女性は、仕事よりも家庭に入ることを望んでいる方が30%近くいるそうです。

滋賀県が県内の20代男女を対象に調査したところ、「男性は仕事をし、女性は家庭を守る」という考え方に肯定的な20代女性は、2011年の調査で33.1%を占めたという。

20代の女性が家庭に入るべきだというのは、2009年は39%近くあったそうですから減少したといえば減少しております。

しかし、2005年は23%だったことを考えると、10年ほどで10%も増加しております。

全国的な調査としては、まだまだ家庭に入りたいは減少傾向?

一方で全国的な調査によると、依然として家庭に入る形態というのは減少傾向にあるそうです。

全国の20歳以上を対象とした内閣府調査によると、「オトコは仕事、オンナは家庭」に賛成する人は、09年で41.3%と県の調査より高いものの、92年の60.1%から一貫して減少している。この傾向は今後も続くのか、それともいつか滋賀県のような傾向に反転するのだろうか。

確かに、旦那の稼ぎだけを考えたら男は仕事、女は家庭なんていってられないのが現状ですから。当然の流れといえば当然の流れです。

では、なぜ滋賀県の女性は家庭に入りたいと思うのでしょうか?

滋賀県の女性が家庭に入りたいと思った理由とは?

ここからは憶測が多分に含まれているということを前提に聞いて頂きたいと思います。

ちなみに滋賀県の人口は全国で26位~27位と、日本の中でも中くらいの都市であり、国土的にみても日本の真ん中あたりに位置するので、日本の平均と言っても良いのかもしれません。ここでは、地方の代表という位置付けにしてみたいと思います。

地方の企業にはグローバル化の影響はあるのか?

東京のコンビニには良く海外からきた店員さんが立っていますが、地方ではそういったグローバル化を感じることがあるのでしょうか?

「グローバル化の影響によって、安い賃金の仕事しか残ってない」と書いてありましたが、実際に地方のコンビニに海外の店員が立っているのをあまり聞いたことがありません。工場も静岡とかはブラジル人が有名ですが、滋賀県はあまり聞いたことがないですね。

滋賀県の外国人の人口は下記の通りだそうです。

外国人の人数が減少していると考えるとグローバル化という影響はないかと思います。

地方に少子高齢化の影響はあるのか?

少子高齢化の影響は大いにあると思います。少子高齢化によって、働き口が少なっており、地元に残っても仕事がないということは、地方においては問題になっているのでしょう。

だから、20代女子で地方に残っている人は、自分が働ける仕事で割りの良いものがないから、家庭に入りたいと思っても然るべきです。

むしろ、家庭に入りたいと考えてない上昇志向の強い人は、東京に出ている可能性が高いといえます。

ロボット化は地方には影響があるのか?

コストカットは大いに地方に関係があると思います。地方に多いのは工場です。

今現在工場で働いている人はコストカットいう面から考えたらどういうことが起こりうるのでしょうか?

ロボット化です。

実際にナイキの工場やアディダスの工場はプロトタイプながら機会で靴を作るということを始めたりしています。

アウトソーシングは地方には影響があるのか?

アウトソーシングとは、大企業が自社で行わずに、他の会社を利用してコールセンターなどのことを行うということを言います。

このアウトソーシングという面で地方は影響があるのでしょうか?

これはIT化とグローバル化により影響があると考えます。この2つの進展により、海外にコールセンター業務や、事務作業を任せることで、時差を利用し24時間対応が可能になり、より安い賃金で雇うことが可能だそうです。医者の診察もアウトソーシングすることが出来るそうです。

そう遠くない将来、従来はホワイトカラーが行っていた仕事も、海外にアウトソーシングすることが増えることになるでしょう。

賃金が高くつく日本人が雇ってもらえない時代が到来しているからこそ、20代女子が家庭に入っても良いかなと思うのかもしれません。

ってか、家庭に入っても…大丈夫?

地方の20代女子が家庭に入りたいという理由は上記のことからなんとなくわかりました。

しかしながら、これは20代女子に限らず、結婚した旦那様の労働環境にも痛手を被るということです。

旦那様の給料も下がる可能性が高いのはご存知ですか?

少なくとも、今までの年功序列のように、在籍すれば在籍するほど給料が上がる時代ではないのです。何年も勤めても給料は上がりにくくなっていると思います。

これからは、長期的な不景気になるだろうという予想が多くのエコノミストから出されています。

為替が円高に振れると製造業に大打撃?

また、地方は工場が多く、製造業が多いですが、円高(100円→90円のようにドルに対して縁が高くなる)になると輸出主体の製造業が大打撃を受けます。

為替は、低迷することで製造業に打撃を与え、日本のGDPの大半を占めるサービスセクターは、海外の安い労働力との戦いを強いられてしまうのです。

まぁ、しかし、下記の記事によると結婚の条件に収入は入らないそうなので、良いのかもしれませんが…世相を反映している記事で面白いものがあったので合わせてご紹介致します。

え?結婚の条件に収入はベスト3位外?

 若い世代を中心に、結婚相手にそれほど高い年収を求めない傾向が表れている。「結婚の条件」が変化しているようだ。
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする