20代から知っておきたい。時間管理術のコツは?

Time management

時間管理と言うのは、永遠のテーマであり、これが出来るか否かによって、自分のパフォーマンスは驚くべき程に変化してしまうと言います。

有名な文豪ゲーテも、時間に関して下記のような名言を残しています。

「常に時間はたっぷりある、うまく使いさえすれば」 文豪ゲーテ

では、実際に時間を上手く使うためにはどうすれば良いのか?

スポンサーリンク

仕組み化する

日々の雑事の99%は、仕組み化することで、短期的に終わらせることが出来ます。

例えば、

  • 計算表は、Excelで予め数式を書いておけば、一々電卓を打つ必要も無い
  • パソコンを使うのならば、ブラインドタッチをマスターすれば、すばやく入力することが出来る
  • 自分の判断や、いつも行っている仕事のマニュアルを作れば、全員が同じような動きをすることが出来る

このように、日々の仕事は自分の工夫次第で仕組み化が出来る可能性があるということです。

仕組み化できるものは、どんどん仕組み化するべき。

すなわち、仕組みを作るために、最初投資をし、そこから効用を生み出すような考え方をするべきなのです。

明確なゴール設定を行う

明確なゴール設定を行うことによって、目標達成にかける時間を限り無く、少なくすることが出来ます。

例えば、下記の質問にあなたは答えられますか?

自分にとって価値ある目標とは何ですか?

その目標を達成するための、課題は何ですか?

その課題を解決するために、具体的なやるべきこと(タスク)は挙がっていますか?

タスクをスケジュールに写し、いつまでに達成するか具体的な期日は決まっていますか?

上記の質問に全て答えられて、完璧になったら、あなたの時間管理術は大したものになっているはずです。

チェックリストは小さなことでもリスト化する

同じような問題に立ち止まって一々判断しているのでは、時間は長く掛かってしまいますし、学習することも出来ません。

小さなことでもリスト化しておくことによって、自然と判断や、日々の行動を漏れなく行うことが出来ます。

レバレッジ時間術のなかには、このように書いてありました。

前に作ったリストは
判断は楽しいか、楽しくないかで決める
時間とコストを比較して、費用対効果を考える
仕組み化が出来ているか

仕事を終えたら机の上を片付ける
水周りを綺麗に使う
食器をスグに洗う
脱いだ靴はそろえる

レバレッジ時間術 本田直之著

このように、仕事の出来る方々は、日々の小さなことでもリストにすることによって、すぐに行動に移せるように工夫しているのだそうです。

20代から知っておきたい時間管理術のコツは?

先述した、レバレッジ時間術の中に、このような記載もありました。

若いうちから、

「限られた時間の中で、いかに成果をあげるか」

「どう工夫すれば、早く終わらせられるか」

を常に考えて仕事をすることは、

その後の人生で時間資産を築いていくための、格好のトレーニングとなる

仕事の手順に決まりは無いと思いたいです。

特に、ここ数年の技術革新によって、仕事の仕方は変わっているのにも関わらず、10年前のマニュアル、5年前のマニュアルにしたがっている会社は、時間の使い方という考え方上、無駄な経費もかかり、淘汰されてしまう可能性もあります。

仕事とは、結果を出すこと。結果とは、求められることに十分なレベルのものを産出すること。

仕事の手順に縛られず、創意工夫を持って仕事に取り組んで欲しいものです。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする