読書会開催報告 ハイコンセプト、ゼロ、マンガでわかる7つの習慣

読書会を開催致しました。本日は7名の方にご参加頂きました。ありがとうございます。

紹介して頂いた本

スポンサーリンク

ハイコンセプト

まず、これからのビジネスマンを脅かす3つの危機。

過剰でない豊かさ

次から次へと湧き出す、競争相手

そんな脳では全て代行されてしまう

このジリ貧パーターンは医者や弁護士でさえ抜け出せない。

実際に、Yahoo トップ 司法修習生が就職できないと言うニュースがある。

2000人受かるが、弁護士として、一括登録(12月に登録するのが通例。入会金かかる。)裁判官、検察官は200人。500人くらいの人は登録できない。受かっても4分の1は職が無い。(1月に登録する人もいるが)

ベテランの弁護士の人も、ここに書いてある危機感を持っている。

インターネットで調べれば、ある程度マニュアルは調べられる。

そうなると、一人の人にとっては大事だが、10件くらい持っている人よりも、本人の人の方がある。

インド人に弁護士になろうと思うと言ったら、日本の弁護士って仕事無いだろうって言われた。それくらいに、常識化している。

貧困の無い世界を作る

2006年度ノーベル平和賞を取った方の本

ノーベル賞を何故取れたのか?貧困に苦しむ人達の助け方を変えた。

国際協力で貧困削減があったけれど、ODAとか国連のプロジェクト、

この人の場合は、大規模の援助ではなく、軸に有るのは貧しい人達に雇用を与え、貧困を脱却してもらう。

貧しい人達はお金が無いが、お金があれば、稼ぐことが出来る。

売店で並べる為のものを買うことが出来ない。だからお金を貸した。

担保を取らず、低金利で。

稼ぐための手段が出来た。

ノーベル平和賞を受賞したが、金融関係の話なのに。

貧困が故に、治安の悪さとか、秩序の乱れとかが出てしまう。

貧困から脱出する事が出来て、精神的に満足することが出来る。平和になった。

ゼロ

仕事の話。今、丁度現状仕事がぬるい。年齢が近いっていうのもあるがなー。

現状飽きちゃって。このままじゃダメだと。

人生の中で、仕事は最も多くの時間を投じるものだ。時間を多く取る仕事は、もっと、やりがいを見つけた方が良い。やりがいは、作り出せるものだ。

まんがでわかる7つの習慣

7つの習慣は何か、30分ぐらいで読めてしまう。

良い言葉を抜粋して書いてくれている。

最初の習慣;習慣を変える。意欲、知識でまかなわれている。

営業やっていて、思うことは。買って貰うようにコントロールしてしまう。

実際、7つの習慣を見た時に、自分がどうあるべき姿でいるのかが大事だよって書いてあった。

アメリカの地下鉄で、満員電車に乗っていたら、子供が5人くらい乗って来た。

お父さんらしき人が、何もしない。この人は親なのに、何をしているのか?と聞いてみたら、お父さんが一言、先程母が亡くなったんです。子供たちもどうして良いか分からないんです。

わたしが正義について語るなら

テレビ番組でやっているのをみて、購入。

正義について、アンパンマンを書いた。

アンパンマンが最初に放映されたときは、反対された。

自分の顔をあげるのがエグイ。かっこよくない。

やなせたかしが思っている正義は、自己犠牲の精神が無いとヒーローではない。自分の顔を上げるくらいの、自己犠牲は必須。

戦争を体験し、本当の正義は飢えている人を助けることだ。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする