深い!!マトリックスに学ぶ、選択の法則

マトリックスに学ぶことは多い。

マトリックスという映画をご存知でしょうか?

1999年に公開後、3部作を出し、いずれも大ヒット従来のCGにはない、ワイヤーアクションやバレットタイムなどのVFXを融合した斬新な映像表現は「映像革命」として話題となった。

内容としては、発達したAI(コンピューター)VS人間の可能性と言う点です。

映像ばかりが注目されるマトリックスですが、実は、話の内容に深いものがあった。

今回はその中から、選択ということをテーマにお話したいと思います。

名づけて、マトリックスに学ぶ選択の法則です。

スポンサーリンク

「“選択”という行動を与えると、99.9%の人間がプログラムを受け入れる」

マトリックスでは、選択の描写がとても多く存在します。

例えば、

「Follow the White Rabbit」にて、ネオが白兎のタトゥーのある女性の後を突いていくと選択するシーン

車を降りて、仮想現実に留まるか、車に乗って、真実にたどり着くかを選択するシーン

モーフィアスが、赤いピルと青いピルを出して、赤いピルを飲めば真実を知り、青いピルを飲めばこれまでの記憶を全て忘れ、ベットの上で目覚めるという、仮想現実に留まるシーン

モーフィアスの命をとるか、ネオ自身の命をとるかというシーン

などなど、この選択の描写でネオは、常に真実を追い求める選択をとるシーンが多発しております。

これは、人間にしか出来ない能力=選択する能力という点を強調した描写だと思います。

選択の無い人間は、堕落する。つまり、いくらコンピュータが理想的な姿の仮想現実を作ろうが、人は選択の能力が無い限り、滅びてしまうということです。

これは、現実世界にも言えることです。

例えば、会社や上司の言うことばかり聞いている人間は、自分の力で考え出す力を失い、転職する際にも苦労するでしょうし、リストラされたときも苦労します。やりがいも無くなり、自分の生きている意味を失う。つまり、歯車になってしまうのです。

選択の心構え

選択をするのに必要なのは、状況を理性的に判断することが必要ですが。それよりも大事なことは心構えです。

仮想現実から車で移動しているときに、ネオは扉を開けて、仮想現実に戻ろうとします。その際にトリニティはこういいます。

「貴方は、その(仮想現実にこのままい続けること)先に何があるか知っているはずよ。私を信じて」

また、モーフィアスは、青いピルと赤いピルを差し出すシーンのときに、こういいます

「後戻りは出来ないぞ」

選択には心構えが必要です。付き合う人を変えると何もかもが変わるという記事でも紹介しましたが、これまでの自分のいた場所を一旦置いておき、新たに選ぶことが必要なのです。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする