小さな成功から始めよう

Success

小さな成功から、幸せを得る。

面白い記事を見つけましたので、久しぶりに紹介

アマビールとクレイマーは論文「進捗の法則」で、日々の小さな前進が社員の生産性を高めることを実証した。この小さな前進は、社会問題から個人の私生活にまで広く有効であることが多くの研究で明らかにされている…

引用:ハーバードビジネスレビュー

小さな成功体験を重ねることにより、人は、精神的にも身体的にも健全になり、目標を達成するのに近付くことが出来るのです。

記事の中では、以下のように記載がありました。

どんなに小さな前進でも、またはその日の失敗から得た発見にすぎなくても、人は何らかの有意義な進捗を日々感じなければ、やる気を失ってしまう。小さな前進の追求は、長期的な目標の達成を促進する。

スポンサーリンク

あなたの長期的な目標は何ですか?

小さな成功を積み重ねていても、自分が何処に向っているか、その小さな成功の先に何があるのかが、分からないとタダの自己満足で終わってしまう。

長期的な目標の立て方は、仕事ではなく、ライフスタイルに着目すること。以下の質問に答えてみましょう。そうすると自ずと自らの目標が立てられるかもしれません。

  • 憧れの人はだれですか?
  • あなたのお葬式を具体的に想像してみてくだい。そこには誰がいて、何人くらいの人がいて、誰にどのようなことを話していて欲しいでしょうか?
  • 死ぬまでにやっておきたいことは何ですか?成し遂げたいものは何でしょうか?

これ以外にも、様々な本を読めば、様々な質問が浮かびますが、まずはこれ位が丁度良いでしょう。

以上のことに、答えられない場合は、長期的な目標を持っているとは言い難いですので、早急に始めましょう。

また、小さな成功は、精神的に充足するとも言います。

一見些細に見える成果についても、記録をつけ、振り返り、プラスに評価することの重要性を説いている。小さな成功に注目することは、不安や悲しみからの脱却につながるのだ。

 数値化出来る目標にしていますか?

こういう人って多くないでしょうか?

「目標を立てて、私は頑張っています!」

「なるべく多くの人を幸せにしたいのです!」

意識は高いのは良い事だと思いますが、このレビューの意見と真っ向から反対することに気付いていますか?

目標を数値化することにより、判断が出来ます。

例えば、「月に3つの新しいことをする」「5kg痩せる」「1日に3回はありがとうと言う」など、数値化することにより、明確なラインが分かるので、一日の行動に評価を下すことが出来るのです。

以下、余談

余談ですが、この手の内容でセミナーを開催して儲けている人が多いのも、なんとなく残念ですよね。

書物、インターネット、それら全てを活用すれば、このような内容の情報なんて沢山見つかるのに・・・。

まぁ、セミナーなどは、情報を得る場というよりは、そういった環境に入ることで、更に行動を起こしやすい自分と言う「環境デザイン」という分野になりそうな気がしますが・・・

以上のように、まずは

1.長期的な目標を立てる

2.数値化できる目標を持つ

と言うような流れで進んで行けば良いのかなと思います。

最後に、実践できているけど、まだ人生が変わったと実感できていない方。結構多くいらっしゃるかと思いますが、

結局のところ、最終目標と小さな成功とのリンクに繋がりが薄いのかと思います。

なんとなく、小さな成功を積み上げたぞ!ではなく、執着心をもって、成功を積み上げているぞ!といった意識が必要なのかなとも思いました。

以上、記事の紹介と雑考でした!

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする