スティーブジョブズだけじゃない、アップルの意外な秘密

mark-markkula-steve-jobs

アップルと聞くと、スティーブジョブズがワンマンで立ち上げた企業だと思っている方も少ない無いかもしれません。

アップルを創業したのは、スティーブジョブズだけだと考えられていますが、実は、チームでないと、あそこまでの起業にはならなったのです。

スポンサーリンク

技術の神童、もう一人のスティーブ

アップル共同創業者のスティーブ・ウォズアニックとは、ヒューレットパッカードのセミナーで出会います。

ウォズアニックはいわゆる、技術の天才で、様々なものを開発することが好きでした。ジョブズとは性格も正反対の二人ですが、すぐに意気投合したと言われております。

ジョブズがどっちかっていうと、ユーザー視点、プレゼン、営業、リーダーシップ、といった役割をこなす一方で、スティーブウォズアニックは技術の第一責任者というようなイメージでしょうか?社員番号も1番であることを考えたら、いかに重要な人物かわかりますよね?

実務担当、マイク・マークラ

いくら、素晴らしい技術、営業手段があっても、融資を取れなければ、企業が大きくなることは出来ないし、大きなチャレンジも出来ない。だからこそ、このマイクマークラの存在は大きい。1977年からアップルを退社する1997年までCEOを含む重役を務めた。

彼らは、マイク・マークラと出会いを果たし、マイク・マークラの個人資産9万ドルを元に、アップル・コンピュータが設立されました。また、バンク・オブ・アメリカとの融資枠を取ってきたのも、彼だと言います。

アップルの秘密はチームだった

アップルの秘密はチームがきちんと設立していたということです。技術担当、営業担当、実務担当と上手く分かれることにより、長期的な成長が出来たのでしょう。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする