シリコンバレーに給与カルテル?労働者よ知識を!

cartel

面白い記事があったので、ご紹介。

グーグルやアップルの「給与カルテル」に集団訴訟
Is a Silicon Valley Hiring Cartel Forcing Down Wages?

 アップルやグーグル、アドビシステムズといった企業が給与水準の引き下げのため雇用...

記事の内容を要約すると主に2点です。

  1. エリート層の引き抜き、給与抑制の為のカルテルの形成
  2. 証拠はE-Mailのやりとり

とのことでした。

同じようなことは、日本の企業でも行われている気がしますが、初任給がどこもそこまで変わらないのはこれ如何に?

スポンサーリンク

そのまえに、カルテルって何?

企業(事業者)間で価格や生産数量(生産計画)、販売地域などを協定することである。日本では、不当な取引制限をしていると言われている。

このカルテルがもしも形成されているとしたら、やはり労働者としては機会損失となりますよね。何故なら、本来の自由経済であれば、もっと高く雇ってもらえたのに、それがなくなってしまう訳なんですから(とは言っても、色々な待遇があるから、結構貰っていると思いますけど)

会社としての論理も最もな気がします・・・。有能な労働者を安く獲得するためなら、不毛な競争をすることよりも、有能なエリートを均等に取りたいというのは当然のことだとは思います。恐らくですけど、エリートの方々は大学で知り合いだったりと、所属している企業を超えてお友達の可能性も否定できませんからね。

会社に、「そんなに文句を言うなら会社興せば?」とか言われたら、ごもっともです。ってなっちゃいますもんね。でもそんなこと言うと、その会社に所属するような人がいなくなる訳で・・・。

知識をつけよう

何はともあれ、労働者は知識があることには越したことはないですね。無知は罪と言うか、知らぬが仏と言うかは自分自身の考え方に依存するとは思いますが。

ただ、一ついえることは、色々な知識を身につけるべきだと思います。そのためには、本を読むのもそうですが、知識が豊富な方と出会うと良いと思います。その方とお会いし、お話をする中で、知識をどんどん身に付ければ良いのですから。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする