インターネットの情報を有効活用している人に共通する3つの点

search

スマートフォンの発達、タブレットPCの発達などによって、インターネットは身近なものになっています。

特に、現代の20代の皆様にとっては、小学生の頃からインターネットを使っているという人も結構いると思います。私もインターネットとの出会いは小学校5年生でしたので、何か分からないことがあったら即ググってます。

小学校5年生の頃から、様々なインターネットの情報を見てきました。そこで、気付いたことは、インターネットの情報に一喜一憂し、左右されている人もいる一方で、インターネットを上手に活用している人もいるということです。

ここでは、インターネットの情報を有効的に活用している人に共通している3つの点をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

インターネットの情報には客観的データが乏しいことを理解する

インターネットは、誰でも簡単にブログを更新することが出来ます。その結果、インターネットには、様々な情報が爆発的に多いです。2008年現在で、Googleは、1兆ものウェブページ数を把握しているそうです。(参考URL http://googleblog.blogspot.jp/2008/07/we-knew-web-was-big.html

ここで、客観的と、意見に関しての違いを見てみましょう。

客観的とは、数字で語られている事実

意見とは、事実を基にした筆者の主張

インターネットは、事実に対して色々な人が主体的にページを作成しているので、意見が大半を占めているといっても、過言ではありません。

ただ、裏を返せば、その人が書き始めたキッカケが事実にあたるわけですから、そういった事実を見出すことも大事。そのために、色々なページを見て回ることは非常に効果的だと思います。

例えば、「○○は馬鹿だ」と書いてあるウェブページがあるとしたら、「何故馬鹿だと言われるようになったのか?」を考えて、色々な情報を追っていきます。そうすると「○○は、という発言をした」という事実がわかります。この事実は、見方によっては、馬鹿だと見る人もいれば、寧ろ頭が良いと見る人もいる訳ですよね?感じ方は千差万別ですから。

情報は良い意見だけを見たら、必ず悪い意見も見ることが重要

最近起こっていることの一つとして、情報の偏食が避けられないということがあります。これは、情報を探そうと思っても、検索と言うものを使っている以上、自分が調べたい言葉で検索をした際に、ウェブページの表示の速いものを見るので、意見が偏ってしまうということです。

このように、意見が偏ると、事実を探すことが出来なくなります。そういったことから、逃れるためには、「情報には良い点と悪い点が必ずある」と自覚し、反対の面の情報を積極的に検索することが大事だということです。

その情報の良い点、悪い点を見れば、事実が浮かび上がってきます。こうすることによって、情報を上手く活用する事が出来るのです。

しかしながら、それら2つだけを行ったとしても、情報を上手く活用することが出来ないでしょう。最後の点がもっとも重要です。それは・・・

色々な情報から、自分なりの仮説を立てて、検証する

インターネットの世界は、本当に色々な意見が渦巻いている有象無象の世界です。今までは、村の中だけ、学校の中だけでは、当たり前のようなものが、インターネットという、世界に開かれたものが出来たkとによって、あるサイトでは否定されているなんてこともザラです。

こういう風なものに、一々左右されていては、人の意見に左右され続ける人になってしまう。そうなると、楽しくは無いですよね?

では、どうすれば良いのか?それは、インターネットを検証のツールとして活用することです。

自分が色々な情報を集めて、仮説を立てる。仮説を立てたものが、誰かしら実行されているものか否かを検証するといったような形の使い方が望ましいのかなと思います。

料理の情報を沢山学び、こうすれば旨いものが作れる!と思ったら、その旨いものが作れるといった、レシピを実際に誰かが行ったことがあるのかを調べる。そして、調べた結果イケると思ったら、トライしてみる。

また、逆に、誰もがやっていないであろうものが発見できたら、それを検索してみて、だれもウェブページに書いていないのであれば、実際にトライしてみるといったことが重要となります。

上記のような3点が、主体的にインターネットの情報を有効活用している人かなと思います。

ちょっとくらい皆様の参考になっていれば幸いです。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする