こんな時代だからこそ!最新の情報を取る為に必要な3つのこと

information

現代は情報社会。だからこそ…

インターネットの発達により、様々な情報も主体的に調べれば、すぐに見つかるようになりました。こういう時代だからこそ、情報がすぐ意味の無いものになってしまう。1990年以前は情報とは、どんなものでも価値があった。今では、すぐに二次情報、三次情報がスグに手に入ってしまうので、一次情報しか意味がなくなってしまった。自分が今持っている情報が無意味になものになりがちです。では、それを防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク

人が集まっている場にいく

日常生活の中だけだと、新鮮な情報というのは入ってきません。これは何故でしょう?

それは、出会う人が変わらないからです。出会う人が変わらなければ、新しい情報が入ってくることもありません。これは想像に難くは無いと思います。

また、こういう話をすると、「では、インターネットは?」となりがちですが、インターネットでは、情報の信頼性に問題が出てきます。こういうものは、実際に体験している人、経験している人から、「生の声」を聞くことが重要です。

人が集まるところに、情報はあります。新しい人と出会うことによって、新しい情報に触れ合う機会が出来ます。読書会や、朝活など、人があつまる所に参加してみると良いと思います。

新しい本を読む

無料の情報には価値がないと良く言います、それは何故でしょう??何故、新しい本を読む必要性があるのでしょうか?インターネットには数多くの情報があるので、情報は量なのではないでしょうか?

それは、本には著者が一貫して書いている内容や、インターネットで検索してもなかなか出てこないデータがあるからです。また、インターネットで書いていることは、所詮はアマチュアで、無責任な発言が多いのです。

新しい本を読むことにより、著者の考えに触れることができます。また、プロとしての見解も知ることが出来ます。

簡単な情報はインターネットで調べる。本気で調べたいものは、本で調べる。最近は、色々な方が本を書いているので、著者選びが凄い重要な気がしてきました。著書の中には、全く信頼出来ないことや、とんでも論をブログのように書いている人も少なくないからです。

RSSを活用する

RSSとは、ブログやニュースなどの更新を伝えてくれるものです。RSSに登録することにより、自分の手元のアプリに情報が集約されますので、今まで色々なサイトを読んでいた人が、アプリ一つでまとめられる、優れものです。

鮮度の高い、新鮮な情報を得ることは、情報社会のこの世の中において、とても重要になります。みなさんも、是非新鮮な情報を取り、話のネタなんかに活用して欲しいです!

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする