あたまの回転を速くするには「言葉」を見直す?

brain

頭の回転を速くするためには、どうするのか?

頭の回転というのは先天的なものだと言えば、そうではありません。

頭の回転を速くする為には鍛えれば出来ます。

では、どう鍛えれば良いのか?

スポンサーリンク

頭の回転を速くするためには、言葉を学ぶ

人が考えるときには頭の中で言葉を使って考えています。

ということは、言葉を知ることによって、概念を知ることが出来るので、考え方の幅を広げ、端的に概念を言葉に変えることが出来ます。つまり、頭が整理されるので、より多くのことを考えられるようになるのです。

例えば、

  • 夏の日を、「じめーっとして、むしむしして、カラっとする」という言葉で表す人もいれば、「暑い」と一言で表す人もいます。
  • 冬の日も、「このままいたら、凍えて死にそうだよ」と言う言葉で表す人もいれば、「寒くて死にそう」と表す人もいるということです。

このように、言葉を知ることによって、短時間で多くのことをあらわすことが出来ます。

では、実際にどのように頭の回転を早くすれば良いのでしょうか?

聞いたことの無い、言葉を調べて、すぐに使う

本や、人の話を聞いたときに、分からない単語、聞きなれない単語が来たらチャンスです。

聞いたことの無い言葉を調べることにより、自分で使えるようにすることによって、思考の幅が広がります。

聞いたことの無い言葉が会った場合には、すぐにメモを取り、インターネットで調べてその意味を覚えましょう。

スグにアウトプットする習慣を身につける

聞いたことの無い言葉を調べて、そのままにしてしまったら、人は3日間ほどで忘れてしまいます。

そうなると、非常に勿体無い。折角、調べたのに、使わなければすぐに忘れてしまうのです。

私も良くやっておりますが、調べた言葉は「どういう状況で使えるのか」を考えて、その状況になったらアウトプットをするようにしております。

日記をつける

頭の回転を速くするというのは、先天的なものだと思われがちですが、訓練で身につけられることが出来ると思います。頭の回転が速いと言われている人は、文章を考えるのもの早いです。では、文章を考えるのが早い人はどういうことを習慣にしているのでしょうか?

個人的に調査した結果ですが、頭の回転の早い人は、日々、文章を書く努力をしております。その一つが日記をつけるというものです

いかがでしたでしょうか?この他にも、メールを書いてみたり、ブログでアウトしたりすることも良い習慣だと思います。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする