【雑談・Yコンビネーター】読書会活動報告

tokyo dokushokai

本日も読書会を開催致しました。

本日は8名の方にご参加頂きました。参加して頂きましてありがとうございました。

紹介して頂いた本

超一流の雑談力

声は高いほうが良い。

タイプ別の話し方。プライドが高い人には上手に褒める。やさしくて話しやすい人は意外に危険。社交的には楽しい話。おとなしい人にはペースを合わせる。

Yコンビネーター

エンジェルとVCの間のパイオニア的な存在。3ヶ月のキャンプの話。63組の会社が集まって、起業に向けて進んでいく。

自分達の会社をどれだけ早く黒字化したいか、それに焦るか焦らないか。早期の黒字を目指すのは良くない。たくさん従業員を雇ったりすると、人件費がかかって仕方が無い。スタートアップの段階ならば、生活できるだけの人件費だけで済ますべき。そうすれば、次のアイデアに移ることが出来る。10個のうちの1個をやればいいから。最初から黒字化を目指して、赤字を出さないほうが良い。

今もイケイケ。

エンジェルは個人投資家。お金持ちが個人を投資をする。VCはある程度商品・サービスがあるものに投資をしていく。その間の企業なので、まだ3人とかの企業にも投資する。たくさんの種に投資するイメージ。

Yコンビネーターが成功した理由は、アントレプレナーを一箇所に集めることが出来たから成功した。近くに起業家がいる、近くに成功した人がいるって言うところから、磨きをかけることが出来る。ビジネスを始める側、投資側もその場所にいるということが大きい。

Route128でシリコンバレー見たいのを作ろうとしたが潰れた。国家機密に関わる仕事をしているからクローズだから潰れた。

ぶらんこ乗り

お姉ちゃんが語り手で、弟がぶらんこに乗る。ぶらんこに乗るのが好きな弟。学校で乗っていたら、雹にぶつかった。脳にあたり、声が出なくなる。その代わり動物と話が出来るようになる。空気を奮わせることが出来る。弟は動物とお話をして、動物の物語を書いていた。象はやさしいと思われるが、毛の玉が足元にある。それ実は鳩なんだよね。

両親は海外に住んでいたおじいちゃんのお墓参りに行く最中で死んでしまう。死ぬ前に投函した手紙が日本に届く。それにおねえちゃんと弟は元気続けられる。毎日届くようになり、最後手紙が届かなくなる。最後の日記を読んだ時に、破られているページがあり、それを鉛筆であぶりだしてみると、一番初めの手紙は弟が書いていた。

残酷な世界で生き延びるたったひとうの方法

努力はそんなに報われない。世の中は能力で遺伝で決まってしまう、環境はある程度しか関係が無い。
人の幸せと言うのは身近な人の承認によって幸福度が決まっている。
金融市場が平等である。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする