【破綻?】一般的な人でも破綻するかも!?

bankrupt1 

一般的な人でも破綻する!?

破綻リスクと考えると、

  • 事業を起こしている方
  • 自営業の方
  • 投資をしている方

など、なにか特別なことを行っている方だけに当てはまることだと思っていませんか?

しかし、

最近のデータによりますと、一般的な人でも破綻リスクがあるということが提唱されています。

特に、20代、30代の人は親世代と同じようなライフスタイルを送ることは、なんとなくやっていては

破綻リスクを避けることは「不可能」なのです。

何故、20代、30代の人は親世代と同じようなライフスタイルを送ることが難しいの?

それは、人口増と定昇が見込めないからだそうです。

日本は、2005年から人口が減少傾向に入っていることは、周知の事実だと思います。

その結果、日本ではマーケットの縮小が起こるため、

企業が儲かることは、まず難しいだろうといわれています。

だからこそ、海外に進出する企業が多く、そういうことを斡旋している会社も多いのでしょう。

そんな中で、海外に工場を移すことが多くなります。

海外の方と仕事を奪い合う構図になるのは、簡単に想像出来ますね。

何故なら、企業が好景気にならない以上、節約のために、安い労働力を求めるからです。

その結果として、起こるのが、

「賃金の是正」

日本と他国では、まだまだ給料に差があります。

  • 日本の平均月収=30万円
  • タイの平均月収=3万円
  • インドの平均月収=2.5万円

現在であれば、

日本人のほうが優秀だと考えられているので、日本だけで生産している製品も多くあると思いますが、

これから、先どうなっていくのかを考えれば容易に想像出来ますね・・・。

グローバリゼーションって恐ろしいですね。消費者としては、安くていい物が沢山手に入るから良いでしょうが、

労働者として考えると、一人一人のレベルが求められている時代に来ているのかなと思います。

生涯賃金から考える、これから・・・

現在の、平均的なサラリーマンの生涯賃金は、2億7590万円だそうです。

一方で、5大支出というものがあります。これは、存命期間の中で最も多い支出のベスト5だそうです。

こちらの平均もあわせて見てみましょう。

スポンサーリンク

5大支出の平均

  • 住宅  5600万円
  • 車   2000万~4500万円
  • 保険  1500万円
  • 教育費 800~2000万円(一人当たり)
  • 老後資金 3000万円

合計すると1億2900万~1億6600万円になるそうです。
これで余裕があると考えるか、否かは自分次第だと思います。

このご時勢、終身雇用制が保証されず、派遣が増えるという風に考えているのであれば、

さらに、危機的な状況になるだろうと私は、思います。

話が脱線しますが、日本は幸福度が異常に低い国だと言うのはご存知でしょうか?

下記は、2012年5月23日、ニュースサイトにあったものの転載です。

経済協力開発機構(OECD)は23日までに、各国の国民の幸福度を測定する「より良い暮らし指標」の最新版を公開した。日本はOECD加盟国など36カ国中21位で昨年の19位から後退した。

「仕事と生活の調和」や「生活満足度」の評価が低迷したことが響いた。

日本は仕事と生活の調和の評価が34位。週50時間以上働く人の割合が高く、1日の中で余暇や睡眠、食事などに使う時間が少なかった。

生活の満足度も27位と低水準にとどまった。

一方で、犯罪に巻き込まれる確率が低いとして「安全」は1位。「教育」は2位で、学歴や読解力が高いとされた。

親世代の方は、人口増と経済成長という後押しがあったため、終身雇用も安定し、定昇もあり、安定していましたが、

いくら、安全であったり、教育水準が高くとも、生活の満足度や、仕事と生活の調和が取れていない。

その先にあるものが、資産が足らなくなるという場合、将来どうなってしまうのでしょうか?

発想の転換の必要性

ある本には、

時代に合わせて、お金に関しても、発想の転換をしていく必要性を語られていました。

この本によると、

先の5大支出を節約し、その浮いた分のお金を上手く活用することが求められるというのだ。

5大支出の発想の転換をまとめると・・・・

  • 住宅 一戸建て⇒賃金の選択
  • 車  都市部の人は所有しない
  • 保険 なるべく入らない
  • 教育費 どこまでだすか、子供が借りることも検討する
  • 老後資金 公的年金で足りない分を自分で準備する

時代に合わせた考え方を、検討して、自分なりのお金の知識を増やす必要性が出てきましたね。

参考

人口減少

http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h18/H18_hakusyo/h18/html/i3110000.html
世界の給与

世界各国の平均年収(月収ベース)データです。ニューヨークやロンドンは、平均の手取り月収は30万円弱、上海で約4万円、韓国は日本の3分の2程度で、ドバイは約16万円です。

日本の幸福度は21位!?

OECD(=経済協力開発機構)が22日に発表した国民生活の豊かさや「幸福度」を表す指標で、日本は36か国中、総合で21位となった。11分野のうち、「安全」は1位、「教育」は2位だったが、「仕事と生活のバランス」では34位と低い水準となった。
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする