【合コンで使える?】今年の夏の気温はどうなる?

「気温が高くなると、陽気な人が増える」

気象庁によると

今後の天候について、温暖化傾向の影響を考慮し、

スポンサーリンク

夏は東日本以西で高温傾向になると予測している。

気象庁が同日発表した1カ月予報では、3月中旬は平年より低温傾向、下旬は高温傾向になり、気温の変動が大きいとしている。

ご参考

本日も寒い日なのに、

更に雨ということで、もっともっと肌寒い日になりました。

最近は暖かくなったので、また寒くなるのかな?と思いますが・・・
いよいよ、今年の冬が終わりそうです。
気象庁が、「ラニーニャ現象」が終息したということを観測しました。

このラニーニャ現象。ご存知でいらっしゃいますか?

山上兄弟の有名な「テジナーニャ」に似ていますが、全くの別物です。

【合コンで使える?】今年の夏の気温はどうなる?はこちら!


ラニーニャ現象なのですが、どうやら異常気象の1つの原因とされているようで、

この反対語が皆さんご存知のエルニーニョ現象だと言うことです。

ラニーニャは、日本側の海が暖かくなり、エルニーニョは逆に西海岸に暖かい海が出来るということでした。

このラニーニャ現象。

世界的な異常気象の1つの原因と言われているそうです・・・。

日本の専門家の中には「今年の夏は猛暑になる」と考える人もいるとか・・・。

ご参考

「ラニーニャ」ってちょっとかわいらしい感じがするけど、気候に関係がある言葉です。このラニーニャ現象が起こると、「夏は猛暑になる」らしいけど…。

実際に、気象庁が発表している、ラニーニャ現象時の気象データを見て見ましょう。

ご参考

http://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/data/elnino/learning/tenkou/nihon2.html
どうやら、東京(東日本太平洋側)の場合、

夏の降水量が平年に比べて多いようです。

その他、一部の北海道のような地域では猛暑になりそうです。

また、冬になると、関東は寒そうです。
いかがでしたでしょうか?今回はサクっとラニーニャ現象について書いてみました。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする