【ツッコミ、失敗、脳】読書会活動報告

読書会写真

本日は30名の方にご参加頂きました。

ご参加頂き、ありがとうございます。

失敗の本質

戦争の中で、敗因を分析している本。

著者達は、戦争の歴史のプロではなく、組織論のプロ

結論としては、昔の成功に囚われていたのではないか。

それをずっと引きずっていた結果。軌道修正が出来ずに、そこが敗因ではないのか。

脳の教科書

脳のメカニズムに基づいて、記憶力を増やしたい。思考力を増やしたい。

耳の力を鍛えるとか、色々なジャンルがある。8つのジャンルがある。

どうやったら鍛えられるのか。医学博士の加藤さんの本。

イラストがあって、読みやすい。

存在の耐えられない軽さ

プラハの春が舞台になっていて。

4人の行動が、どれにも共感できる。

トマーシと恋に落ちる、つまらない人生と思っていた人。トマーシ浮気をする。手に入れた

25分で学ぶ決算書入門

環境に合わせて自分の身に付けたほうが良いものを身に付けたほうが良い。

基本的な知識を身に付けただけで、話が共通すると思う。

分かりやすく説明できる。

一億総ツッコミ時代

起こることに対して、ツッコミしかしない。

プチ松本人志がたくさんいる。素人がやってもただ相手を傷つけるだけ。

自分が上で、お前が下だっておもうし、それが閉塞感をあらわしてしまう。

起きていることに対して批評してしまう。

恥かきたくない、馬鹿にされたくない。防御としてのツッコミをしてしまう。

ボケ側になりたくない人が多い。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする