【スイッチ、学問のすすめ、ゲーテ】読書会活動報告

読書会

本日の参加者は25名になります。

ご参加いただきまして、ありがとうございました。

スイッチ

チップハウス&ダンハウス
変化に共通する。起こすための法則性がある。
変化を起こすためには、というのはいかにも自己啓発っぽいが、
変化に3つの要素がある。

象使い(=理性)→象使いの方向性を教える
象(=感情)→象にやる気を与える
道筋(=環境)→道筋を定める

ある男の話。
Save the Childrenで働いていた。ベトナムの子供の食生活の改善。
半年で劇的に変えられないとクビ。栄養不足の原因は沢山ある。
分析官も沢山分析した。何も変わらない。
その中で半年間で変える。何をしたのか?レポートを書かず、悪いと言われているところはあるが、上手くいっている例はあるのか?と聞いた。
じゃあ、その人のところに行って、どうしているのかを教えてもらいましょう。そして、成功のポイントを見つけましょう。
そのポイントを上手くいっていない人に教えることで、劇的な変化を与えた。

学問のすすめ

2-3年前に人から薦められて、読んだ。
実際読んだことが無い。だから、読んだ。
目次は堅い。人間の権利とは何か、愛国心のあり方は。
前半は、国とは、国民とは。後半は、人生を設計していくための技術。実行力、人付き合い等々。

ゲーテの言葉

ゲーテは、わが道を行く。父親に法学の道を行けといわれるが、文学の道を行く。

自分に命令しないものは、いつになっても僕に留まる。人の忠告も必要だが、自分の命令をしないのは、一生召使い。

雄樹堂々

渋沢栄一の本。
日本資本主義の父。アメリカ的な資本主義とは違い。
埼玉県の深谷市、血洗島。士農工商の商。家は裕福だった。
坂本竜馬と同じ年代。江戸幕府がふがいないから、討幕運動、尊皇攘夷で動く。
横浜の外国人留置を焼き討ちしようとか考えたが、無理だと気づき、逃亡。
逃亡中に、江戸幕府側の人に気に入られて、幕府の人間になる。

徳川慶喜のために、がんばろうと尽力するが、薩摩・長州によって、江戸幕府はつぶれる。
幕府の命令でフランス留学。フランスで先端工業を見学する。日本はこのままで駄目だと気づき、日本に帰ってくる。
新しい明治維新、明治政府にて、優秀だと重用され、持ち上げられる。
政府に仕えていたが、商業を発展させる。近代化を行うために、商業に身を移す。

精神のよりどころは論語。論語とそろばん。資本主義と道徳を一緒にする。経済道徳、合一論。

心配事の9割は起こらない

無駄なことを考えないで、もっとシンプルに生きようよ。

これ読もうと思ったのも、不安症な自分を改善したい。
前向きな気持ちにはなれたけど、具体的にこうすれば良いのかってのは無い。
これを読んだら、失敗ごとがおきた。
妄想を生み出しているのは、対立的な考え。
そういう分別してしまうことが妄想の要因。禅では比べ物が無い。

最後まで、読んでいただきありがとうございました!
最後まで、読んでいただきありがとうございました!
読書会に参加しよう!

読書会に参加しよう!

東京の読書会では、20代限定の読書会を開催しております。読書会に対して、「お?」と思われた方は、少しの時間ですので、下記をクリックして、詳細をご覧下さい。

フッター
Facebookページにご参加ください!

Facebook ページにご参加下さい

東京読書会のFacebookページでは、ブログの更新状況や、読書会の開催風景の写真など、まだ読書会の参加を迷われている方や、20代の方におトクな情報を配信しております。是非ご参加ください!Facebook ページにいいねをお願い致します!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする